2年半前の電子オルガンの修理代金を払いたくない

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年10月21日 01時47分

 2年半前に電子オルガンを修理し、費用が42000円発生しましたが修理会社より一切請求がなく支払いできませんでした。先日、急にその会社から請求が来ましたが時効はありますか?お詫びもない状況で払いたくありません。



(30代:男性)

匿名弁護士

     債権は、10年間行使しないときは、消滅します(民法167条)。もっとも、10年より短い期間で時効の完成が認められる場合が多々あります(これを「短期消滅時効」といいます。)。



     例えば、いわゆる飲み屋のツケは1年間で消滅時効にかかります(民法174条4号参照)。



     では、今回の電子オルガンの修理代は短期消滅時効にかかる債権でしょうか。



     ここで、民法173条2号には「自己の技能を用い、注文を受けて、物を制作し又は自己の仕事場で他人のために仕事をすることを業とする者の仕事に関する債権」は、2年間で消滅すると規定されています。



     そして、この民法173条2号は、「居職人」の仕事で得た債権を想定しています。

     「居職人」とは、自分の仕事場で他人のために仕事をする仕立屋、理髪屋、洗濯屋、靴屋、建具屋等のいわゆる手職で生計を立てる職人のことをいい、相当高度の技術を駆使し、相当の経営規模を有する者は含まないと解されています(福岡高裁昭和39年3月10日、後述の最高裁昭和40年7月15日判決の原審)。

     現代では、家電の修理も「居職人」の仕事にあたると考えられます。



     電子オルガンの修理会社は、客から注文を受け、自己の技能を用いて修理をする者なので、これにあたると考えられます。



     なぜなら、電子オルガンは、見た目はピアノに近い楽器ですが、その中身は機械から成り立っており家電に近いといえます。

     そして、その修理にはピアノと異なり専門的な知識は必要とは言えず、部品の交換などの処置で済んでしまうことがほとんどであると考えられます。



     したがって、電子オルガンの修理も家電の修理と同様、「居職人」の仕事といえ、その債権は2年で消滅時効(民法173条2号)にかかると考えられます。

     今回は、2年半前に修理をされたということですので、相談者において時効による本件債権の消滅を主張されることによって、修理代金を支払わなくてもよくなる可能性があります。

2014年10月21日 01時47分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

ホストクラブの未収金について

時効 2017年07月07日

現在21歳ですが、私が19歳の約2年前に行ったホストクラブについての質問です。 一番最初はキャッチに捕まり無理矢理ホストクラブに連れて行かれました。 初回料金無料のところでしたが、お酒を提供されまだ未成年だから飲めないのでジュースにす...

裁判所から手紙

時効 2017年06月15日

裁判所から手紙が届きました。プロミスの借り入れだったのですが、最後支払ったのが平成14年になります。 裁判しなくてはならないのでしょうか? 延滞金が24年からかかっていて払えません。

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

時効に強い弁護士

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

【初回法律相談無料】 お気軽にお問い合わせください。

【初回法律相談無料】 皆さまお一人お一人にあった,最適な解決をご案内します。まずはお気軽にご相談ください。

《初回相談無料》相続に特に力を入れています

弁護士生活45年。「大切なのは法律知識ではなく、診断」ありとあらゆる分野に精通してます。

ページ
トップへ