夫婦間では時間が止まる!?

User image 1 Legalus編集部さん 2014年01月07日

 結婚して15年になります。この度、夫と協議離婚いたしました。
 結婚時に、夫の仕事の資金として200万円を貸しました。財産分与、慰謝料ともにもらいましたが、200万円も返してもらいたいと思っています。夫は、法的に支払わなければならないなら、支払うが、時効のはずだといっています。
 やはり、15年も経てば返してもらうことはできないのでしょうか。

(40代:女性)

関連Q&A

18~20年前の借り入れ

時効 2017年04月21日

お世話になります。 昨日、都内の某弁護士事務所より「債権回収受託の通知」というハガキが届きました。 見てみると、約20年ほど前に某銀行より10万借り入れたお金の件との事でした。 昨日まで何のアクションもなかったため、大変申し訳ないと思...

債権譲受通知書が届きました。

時効 2017年03月28日

この度は、お世話になります。本日、債権譲受通知書が届きました。 昭和又は平成初期に借りました、日立信販から「キャピタルウィング」に譲受したとの内容でした。 借りました当初は支払ってましたが、その後失業し約25年程放置しておりました。 ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     通常、金銭を貸し付けた場合、その権利(債権)は10年で時効にかかり、消滅します(民法167条)。
     返済期限を定めていない場合は、契約時が起算点となります。この規定が適用されるとすれば、あなたは、元夫に貸付金の返済を請求した場合、時効による債権の消滅を主張されることになります。

     ところが、夫婦間にある権利に関して、民法は別段の規定を定めています。すなわち、民法159条の2は、「夫婦の一方が他の一方に対して有する権利に付ては婚姻解消の時より6箇月内は時効完成せず」と規定しているのです。これは、夫婦間では、時効を中断させるための法的な手続きは期待できないという趣旨です。

     したがって、あなたの場合も、離婚してから6ヶ月以内であれば、元夫に対し、有している債権の時効を主張されるいわれはないことになります。

2014年01月07日

時効に強い弁護士

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

依頼者のために最善を尽くしていきます

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ