集金に来ない集金人

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月17日 02時13分

 3年前に新聞販売店と契約しました。契約書には「集金に伺います」と明記されているのですが、集金に来ないし、請求書も届きません。新聞は毎日届いています。
 いつか新聞代をまとめて払わないといけないのでしょうか?



(20代:男性)

匿名弁護士

     債権者から債権の回収に来るという方法を「取り立て債務」といいます。

     取り立て債務では、債権者が支払いの請求をしない限り、債務者は債務不履行民法415条)にはなりません。したがって、債権者である新聞販売店が集金に来ない以上、あなたの方から払いに行く必要はありませんし、それによって債務不履行責任を負うこともないのです。



     しかし、契約の目的物(新聞)が毎日届けられているならば、その代価は払わなくてはなりません。「集金に来る」というのは債権回収方法についての取り決めにすぎず、代金債務(新聞代金を支払う義務)自体が消滅するわけではないからです。



     では、新聞代金債務はどんどん増えていって、いずれ集金に来られたときには全額払わなければならないのでしょうか?


     ...そんなことはありません。新聞代は「生産者、卸売商人及び小売商人が売却したる産物及び商品の代価」(民法173条1号)として、2年の短期消滅時効にかかります。つまり、あなたは直近2年分の新聞代についてのみ支払いをすればよく、それ以前のものについては債務を免れることができるのです。

2015年07月17日 02時13分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

ホストクラブの未収金について

時効 2017年07月07日

現在21歳ですが、私が19歳の約2年前に行ったホストクラブについての質問です。 一番最初はキャッチに捕まり無理矢理ホストクラブに連れて行かれました。 初回料金無料のところでしたが、お酒を提供されまだ未成年だから飲めないのでジュースにす...

裁判所から手紙

時効 2017年06月15日

裁判所から手紙が届きました。プロミスの借り入れだったのですが、最後支払ったのが平成14年になります。 裁判しなくてはならないのでしょうか? 延滞金が24年からかかっていて払えません。

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

時効に強い弁護士

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

【初回法律相談無料】一人で悩まずご相談ください。全力で向き合い解決に導きます。

【初回相談無料】どなたでもお気軽にご相談ください。

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

【Legalusからのご相談は初回無料】元検事の刑事事件に強い弁護士です。

ページ
トップへ