集金に来ない集金人

User image 1 Legalus編集部さん 2015年07月17日

 3年前に新聞販売店と契約しました。契約書には「集金に伺います」と明記されているのですが、集金に来ないし、請求書も届きません。新聞は毎日届いています。
 いつか新聞代をまとめて払わないといけないのでしょうか?



(20代:男性)

関連Q&A

18~20年前の借り入れ

時効 2017年04月21日

お世話になります。 昨日、都内の某弁護士事務所より「債権回収受託の通知」というハガキが届きました。 見てみると、約20年ほど前に某銀行より10万借り入れたお金の件との事でした。 昨日まで何のアクションもなかったため、大変申し訳ないと思...

債権譲受通知書が届きました。

時効 2017年03月28日

この度は、お世話になります。本日、債権譲受通知書が届きました。 昭和又は平成初期に借りました、日立信販から「キャピタルウィング」に譲受したとの内容でした。 借りました当初は支払ってましたが、その後失業し約25年程放置しておりました。 ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     債権者から債権の回収に来るという方法を「取り立て債務」といいます。

     取り立て債務では、債権者が支払いの請求をしない限り、債務者は債務不履行民法415条)にはなりません。したがって、債権者である新聞販売店が集金に来ない以上、あなたの方から払いに行く必要はありませんし、それによって債務不履行責任を負うこともないのです。



     しかし、契約の目的物(新聞)が毎日届けられているならば、その代価は払わなくてはなりません。「集金に来る」というのは債権回収方法についての取り決めにすぎず、代金債務(新聞代金を支払う義務)自体が消滅するわけではないからです。



     では、新聞代金債務はどんどん増えていって、いずれ集金に来られたときには全額払わなければならないのでしょうか?


     ...そんなことはありません。新聞代は「生産者、卸売商人及び小売商人が売却したる産物及び商品の代価」(民法173条1号)として、2年の短期消滅時効にかかります。つまり、あなたは直近2年分の新聞代についてのみ支払いをすればよく、それ以前のものについては債務を免れることができるのです。

2015年07月17日

時効に強い弁護士

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ