法律改正前に犯した罪の時効はどうなる?

Legalus編集部さん 2014年12月20日

 知人が、3年半ほど前に出会い系サイトで、恋人を募集していた自称女子高生にメールを送り、金額を示して会う約束をしたそうです。しかし、彼は遊びのつもりでメールを送っただけで、実際に会ってはいないそうです。


 児童買春等の罪に問われることはあるのでしょうか? 改正前の児童買春・児童ポルノ禁止法に従えば公訴時効が成立しているはずです。法律の改正があった場合、改正前後どちらの法律にしたがうのでしょうか?

(30代:男性)

関連Q&A

20年以上前の借金返済を相手に求める方法はあるでしょうか?

時効 2016年07月25日

二十年以上前、父親が亡くなった時に生命保険から親戚に90万円程貸しました。その後、何度も返済を頼むも何かと言い訳を付けて返してもらえず、ついには電話にも出なくなりました。最近、引っ越したらしく住所も電話番号もわからず連絡が取れなくなっ...

残っている借金を知る方法は?

時効 2016年05月24日

今現在、自分の借金がどれくらい残っているのか、わからないです。もう何年も払っていません。督促状も送られて来なくなりました。 逆に不安になってきたのですが、調べる方法はありますか?調べることで、また請求が来たりするのであれば、放っておい...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     児童買春・児童ポルノ禁止法は、平成11年11月1日に施行され、平成16年7月8日には、同法違反の罪について罰則が強化されています。児童買春の罪については、刑が3年以下の懲役から5年以下の懲役へと引き上げられています。それに伴い、公訴時効の期間も自動的に3年から5年に延長になります(刑事訴訟法250条)。公訴時効とは、犯罪から一定の期間が過ぎると、刑事訴追されなくなる制度のことです。


     あなたの知人が出会い系サイトを利用したのは今から3年半前とのことですので、刑が重くなる前のことになります。このような場合の公訴時効を検討するためには、次の2点が問題となります。



    1. 変更前後のどちらの刑が適用されるのか

    2. 公訴時効の期間は、どちらの刑を基準にするのか


     まず、(2)については、最高裁によると、犯罪後の法律で刑が変更された場合の公訴時効の期間は、その犯罪に適用される法定刑によって定まるとされています。

     そこで、次に、どちらの刑が適用されるのか、(1)の問題となります。刑法6条により、犯罪後の法律によって刑の変更があったときは、軽いほうの刑が適用されます。刑の変更のうち、本件のように刑が重くなった場合に、犯罪行為時の(軽いほうの)刑が適用されるのは、いわゆる事後法の禁止の要請といえます。


     本件では、変更前の軽いほうの法定刑(3年以下の懲役)が適用され、その結果、公訴時効の期間もそれを基準として条文が適用され、3年となります(刑事訴訟法250条6号)。


     もっとも、児童買春の罪として処罰されるのは、児童買春をしたもの、すなわち、児童(18才未満の者)に対して、性交あるいは性交類似の行為等をした者に限られます。あなたの知人は、約束をしたのみですので、この法律に違反していません。


     しかし、平成15年9月13日に、出会い系サイト規正法が施行されています。この法律では、インターネット異性紹介事業を利用して、児童を性交等の相手方となるように誘引する行為が処罰されます。実際に交際しなくても誘っただけで罰せられることになりました。


     仮に、あなたの知人の行為がこれにあたるとしても、その行為が法律制定以前になされたものであれば、処罰されません。これが、事後法禁止の原則です。実行のときに適法であった行為については、刑事上の責任を問われないというものです(憲法39条)。


     この法律制定後に行為がなされた場合は、この法律が適用されますが、法定刑は100万円以下の罰金ですので、3年の公訴時効が完成しており、訴追されません(刑事訴訟法250条6号)。

2014年12月20日

時効に強い弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ