銀行からの借金が時効になっている?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 9年前に大手の銀行から30万の融資を受けたのですが、電話での催促がなく、郵便の手紙だけの催促で現在に至ります。この場合、時効は成立しますか?


(20代:男性)

関連Q&A

20年以上前の借金返済を相手に求める方法はあるでしょうか?

時効 2016年07月25日

二十年以上前、父親が亡くなった時に生命保険から親戚に90万円程貸しました。その後、何度も返済を頼むも何かと言い訳を付けて返してもらえず、ついには電話にも出なくなりました。最近、引っ越したらしく住所も電話番号もわからず連絡が取れなくなっ...

残っている借金を知る方法は?

時効 2016年05月24日

今現在、自分の借金がどれくらい残っているのか、わからないです。もう何年も払っていません。督促状も送られて来なくなりました。 逆に不安になってきたのですが、調べる方法はありますか?調べることで、また請求が来たりするのであれば、放っておい...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     弁済期から5年経過しているため、借金の一部を弁済するなど、時効が中断されるような事実がない限り、時効が成立しているでしょう。


     金銭貸借の時効は、個人間の貸し借りでは10年、商取引なら5年(売掛金は2年間)です。借主が時効を主張することで(「時効の援用」)、債権は消滅します。


     ご相談のように、銀行から融資を受けた場合、銀行は商人なので、時効期間は5年です。

     
    そのため、5年の時効期間が経過し、あなたが銀行に対して時効を主張すれば、もはや支払い義務はありません。


     ただ、以下の1~3のような事実があると、それまでに進行した時効期間がリセットされ、振り出しに戻ってしまいます(「時効の中断」)。その事実が終了してから、また新たな時効期間が進行を始めることになります。



    1、債権者からの請求


     「請求」といっても、単に弁済しろと請求することは「催告」と呼ばれ、それ自体には完全な時効中断の効力はありません。催告は、6か月以内に裁判上の請求や支払督促など裁判所の関与する手続きを行わなければ中断の効力は生じないのです。

     
    ご相談の場合、銀行から手紙による督促(催告)があるようです。そのため、督促されてから6カ月以内に訴訟などで支払いを請求されると、時効が中断します。


    2、差押え、仮差押え、仮処分


     債務者の財産に対して差押え、仮差押え、仮処分がなされたことによっても、時効は中断します。


    3、債務の承認


     債務者であるあなたが「30万円借りています」と認める行為のことをいいます。たとえば、借金の一部や利息を弁済したり、支払猶予を求めたりする行為です。時効期間が経過する前はもちろん、時効期間が過ぎた後であっても、弁済した場合には、時効の成立を主張することができなくなるので、注意してください。

2014年01月07日

時効に強い弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ