40年前の手形は有効?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 先日、私の祖母が亡くなりました。 荷物を整理していた時に、1枚の手形を見つけました。 その手形は、15年ほど前に亡くなった祖父のもので、近所の電気店に対して100万円ほどを貸したものでした。手形の日付は40年ほど前のもので、今でも有効なのか思案している所です。 私の父はその事は全く知らなかったと言っており、40年間催促もしていないと思います。以上です。よろしくお願いします。



(50代:男性)

関連Q&A

20年以上前の借金返済を相手に求める方法はあるでしょうか?

時効 2016年07月25日

二十年以上前、父親が亡くなった時に生命保険から親戚に90万円程貸しました。その後、何度も返済を頼むも何かと言い訳を付けて返してもらえず、ついには電話にも出なくなりました。最近、引っ越したらしく住所も電話番号もわからず連絡が取れなくなっ...

残っている借金を知る方法は?

時効 2016年05月24日

今現在、自分の借金がどれくらい残っているのか、わからないです。もう何年も払っていません。督促状も送られて来なくなりました。 逆に不安になってきたのですが、調べる方法はありますか?調べることで、また請求が来たりするのであれば、放っておい...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     時効が成立していると考えられますが、任意に支払ってくれるよう請求しましょう。



     手形にも「時効」があります。手形上の権利(債権)を一定期間行使しない場合、法律に基づき、その効力が消滅します。

     何年間で時効になるかは、債権の種類によって異なります。手形の場合、誰が誰に請求する権利かによって時効期間が異なります。

     ご相談の場合は、あなたの祖父が、近所の電気店に対して100万円ほど貸し付けた手形であるとのことです。「40年間催促もしてない」とのことですから、おそらく為替手形ではなく、約束手形であると考えられます。以下ではそれを前提にご説明いたします。



     主たる債務者である約束手形の振出人(近所の電気店)に対する手形上の権利は、満期の日から3年で時効にかかります(手形法77条1項8号、70条1項)。

     そのため、あなたの祖父の手形も、満期日から3年が経過したことにより、時効にかかっています。

     満期日の記載がない場合は、「一覧払」といって支払い呈示があった日を満期とします(76条2項)。「支払い呈示」とは、手形を呈示して支払うよう請求することですが、手形の振出日から1年以内にすることが必要です(77条2項、34条1項)。

     この期間内に支払呈示をしていない場合は、呈示期間(1年以内)の末日に満期が到来したものとみなして、その日から3年の時効が進行すると考えられています(35条2項類推適用)。

     つまり、満期日の記載がない場合は、手形振出日から1年以内になされた支払い呈示(満期日)から3年が経過したときか、手形振出日から1年が経過した日からさらに3年が経過したときに、時効が成立します。



     ご相談の場合、手形の日付は40年ほど前のものであるとのことなので、すでに時効が成立していると考えられます。また、「40年間催促もしていない」とのことですから、時効の中断事由もないでしょう。

     ただ、債務者である電気店が、任意に100万円を支払うことは自由です。時効制度の利益を得るためには、電気店が時効を援用(主張)することが必要であり、援用するかどうかは当事者の自由とされているからです(民法145条)。

2014年01月07日

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ