40年前の手形は有効?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時06分

 先日、私の祖母が亡くなりました。 荷物を整理していた時に、1枚の手形を見つけました。 その手形は、15年ほど前に亡くなった祖父のもので、近所の電気店に対して100万円ほどを貸したものでした。手形の日付は40年ほど前のもので、今でも有効なのか思案している所です。 私の父はその事は全く知らなかったと言っており、40年間催促もしていないと思います。以上です。よろしくお願いします。



(50代:男性)

匿名弁護士

     時効が成立していると考えられますが、任意に支払ってくれるよう請求しましょう。



     手形にも「時効」があります。手形上の権利(債権)を一定期間行使しない場合、法律に基づき、その効力が消滅します。

     何年間で時効になるかは、債権の種類によって異なります。手形の場合、誰が誰に請求する権利かによって時効期間が異なります。

     ご相談の場合は、あなたの祖父が、近所の電気店に対して100万円ほど貸し付けた手形であるとのことです。「40年間催促もしてない」とのことですから、おそらく為替手形ではなく、約束手形であると考えられます。以下ではそれを前提にご説明いたします。



     主たる債務者である約束手形の振出人(近所の電気店)に対する手形上の権利は、満期の日から3年で時効にかかります(手形法77条1項8号70条1項)。

     そのため、あなたの祖父の手形も、満期日から3年が経過したことにより、時効にかかっています。

     満期日の記載がない場合は、「一覧払」といって支払い呈示があった日を満期とします(76条2項)。「支払い呈示」とは、手形を呈示して支払うよう請求することですが、手形の振出日から1年以内にすることが必要です(77条2項34条1項)。

     この期間内に支払呈示をしていない場合は、呈示期間(1年以内)の末日に満期が到来したものとみなして、その日から3年の時効が進行すると考えられています(35条2項類推適用)。

     つまり、満期日の記載がない場合は、手形振出日から1年以内になされた支払い呈示(満期日)から3年が経過したときか、手形振出日から1年が経過した日からさらに3年が経過したときに、時効が成立します。



     ご相談の場合、手形の日付は40年ほど前のものであるとのことなので、すでに時効が成立していると考えられます。また、「40年間催促もしていない」とのことですから、時効の中断事由もないでしょう。

     ただ、債務者である電気店が、任意に100万円を支払うことは自由です。時効制度の利益を得るためには、電気店が時効を援用(主張)することが必要であり、援用するかどうかは当事者の自由とされているからです(民法145条)。

2014年01月07日 04時06分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

ホストクラブの未収金について

時効 2017年07月07日

現在21歳ですが、私が19歳の約2年前に行ったホストクラブについての質問です。 一番最初はキャッチに捕まり無理矢理ホストクラブに連れて行かれました。 初回料金無料のところでしたが、お酒を提供されまだ未成年だから飲めないのでジュースにす...

裁判所から手紙

時効 2017年06月15日

裁判所から手紙が届きました。プロミスの借り入れだったのですが、最後支払ったのが平成14年になります。 裁判しなくてはならないのでしょうか? 延滞金が24年からかかっていて払えません。

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

時効に強い弁護士

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

解決内容を納得していただけるようなご説明と打ち合わせを心がけています

ページ
トップへ