クレジットカードを、旦那の父親と兄が勝手に作成

User image 1 YOSHITAKAさん 2017年02月09日 03時56分

5年ほど前に、旦那の父親と兄が、旦那名義のクレジットカードを銀行で勝手に作成したようです。

その、クレジットカードを限度額まで、2人は使用したようです。

そのことを、旦那はつい最近まで知らず、最近になってクレジット会社から請求の電話及び、請求書が届いたようです。

そのような場合、旦那には支払いの義務があるのでしょうか?

何か、支払わなくてもよい方法はありますか?

ちなみに、旦那の父親は、もう亡くなってしまっています。

何か対処法があれば教えて頂きたいです。

よろしくお願いします。

クレジットカードについて、お父様とお兄様が勝手に作ったものであり、無権代理として効力は生じない(民法113条1項)と主張する余地はあります。
この場合、申込書の筆跡やカード会社が所持している身分証の写し等により契約時の本人確認がきちんとなされたか、が問題となります。

ただ、5年前に作成したとなると、ショッピングの場合はその後ご主人名義口座からの引落がなされている可能性が高く、気づかないのは不自然であるとして、追認により有効となる可能性があります(民法116条)。
全てキャッシングでの借入であり、明細等の郵送も実家等になされていて気づくのが困難であった等の事情があれば、追認は認められないとは思いますが。。。

その辺の経緯を確認頂いた上で、弁護士に直接相談いただいた方がよいでしょう。

2017年02月09日 08時23分

銀行で、クレジットカードを作る際には、本人確認の書類を徴取するはずですが、旦那さんは5年前のことで、カードを作って旦那さんの父親と兄さんに渡したことを忘れていたということはないでしょうか。
あるいは、旦那さんの父親と兄さんから頼まれて、本人確認の書類を二人に預けて、その二人が旦那さん名義のクレジットカードを作って、それを二人が利用することを了承していた、ということはないでしょうか。
そうであれば、二人が利用した分の支払義務を旦那さんが負うことになります。
そういうことがないのに、二人勝手に旦那さん名義のカードを作って、利用していたのであれば、旦那さんはクレジット会社からの請求に対して支払う義務はありません。
会社から請求が来ても、その旨を言えば、会社がその証拠となる書類のコピーを送って来て、支払いの再考を促すか、あるいは裁判所に訴訟を提起するでしょうから、反論すればいいわけです。
もっとも、会社が訴訟提起に踏み切るまでには、本人確認書類が揃っている場合が多いので、自分はそれを承諾したことは無い、ということを証明して、会社からの請求を跳ねのけることは至難の業ですが・・・
請求金額にもよりますが、もし、裁判所から「訴状」という書類が来たら、応答しないでおくと、会社の請求を認めたことになるので、弁護士に相談されるのが、賢明です。
法テラス(0570-078374)では、資力要件によって、無料相談ができますので、どうぞご利用ください。

2017年02月09日 15時35分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

亡くなった母の借用書について教えてください。

借金・債務整理 2021年04月05日

2年前に亡くなった母の友人という方から一度偶然会った時に突然母に10年前に100万円貸してると言われ、借用書などあるのか聞いたら、友達だから借用書は書かせなかったと言われました。 その後も不定期ですが手紙が届き、返信したくても連絡先も...

商事債権かあるいは民事債権か否か?

借金・債務整理 2021年03月31日

私自身が「商人」もしくは私の行為が「商行為」と認められるかどうか悩んでいます。 実は私は10数年前に資本金500万円の株式会社を設立して代表取締役として経営してきました。 6年前に資産家の知人より私の会社の共同経営の申出があり、500...

滞納による弁護士委託・回収の流れ

借金・債務整理 2021年03月27日

メルカリのメルペイスマート払いを利用している者です。 お恥ずかしい質問で申し訳ございません。 去年の12月に支払う予定だったメルペイスマート払いを未だ滞納しています。 本日、今月末支払えなければ弁護士委託しますと通知が来てしまいました...

商事債権の消滅時効の援用について

借金・債務整理 2021年03月20日

商事債権の消滅時効の援用の可能性を検討しています。 私は資本金500万円の株式会社の代表取締役です。6年前に会社の事業を拡大するために知人より共同経営の申出があり、知人より1500万円の事業(運転)資金の提供を受け、資本金を1500万...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する