債権者代位権を行使して仮差押を外す流れとは?

User image 1 ガストンさん 2016年11月17日 12時42分

債権者代位権を行使して仮差押を外す流れとはどのようなものなのでしょうか?
正直、債権者代位権の理解も怪しいです。

<仮差押を外す理由によります>

債権者代位権とは、債務者が無資力の場合に、債務者に代わって債権者が債務者の有する権利を行使し、債務者財産の保全を図る権利をいいます(民法423条)。

本件では、仮差押を外す理由が不明確ですが、1.(1)仮差押における被保全債権がそもそも存在しない場合には保全異議の申立てを、(2)仮差押時点では被保全債権が存在したものの、その後消滅した場合には、保全取消の申立てを、債務者は行なうことができます。
保全異議ないし保全取消申立権が債権者代位権の対象となるか否かについて判断した判例は見当たらないのではないかと思いますが、債務者の一身に専属する権利(民法423条1項但書)には当たらず、債権者代位権の対象とすることは妨げられないのではないかと思います。
実際の事例としては聞いたことはありませんが、債権者代位権に基づき保全異議ないし保全取消の申立てを行なうのであれば、①被保全権利の不存在ないし消滅の他、②申立債権者の債務者に対する債権の存在、③債務者の無資力を疎明する必要があります。ただし、③の点については、通常は仮差押の存在自体で明らかかと思います。

これに対し、2.被保全債権の存在自体に争いがない場合には、理論上は仮差押解放金の納付を代位行使する余地もありますが、わざわざ債務者のためにそこまでする意味がある場合は考え難いです。むしろ、不動産については、仮差押債権者が本差押による競売を行なう段階で、配当要求を行なう方法が考えられます(民事執行法87条1項2号)。
不動産の競売開始決定については登記されますので(同法48条)、こまめに登記簿をチェックしておいた方がよいでしょう。

2016年11月27日 23時15分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

弁護士から弟の滞納家賃の取り立てについての受任通知書が、兄である私の所にとどきましたが、どう対応したらいいでしょうか?

借金・債務整理 2021年10月20日

弟宛の家賃滞納の取り立ての受任通知書が、何故か私の住所に私の名前方弟宛に届きました。 そもそも連帯保証人にも保証人になった覚えもありませんし、弟は何年も音信不通で連絡先も知りません。 恐らく緊急連絡先か何かに私の名前と住所を書いたので...

お金の貸し借りについて

借金・債務整理 2021年10月06日

昔SNSで知り合った人から4万借りました。 先週の水曜日に4万返すとの話をしてましたが私の諸事情の関係で今週の水曜日に返すとの話を話し合った結果相手の承諾も得て今に至ります。。 しかし、返す日が近づいて連絡したら返事も来ず連絡方法もL...

兄弟の債務

借金・債務整理 2021年10月04日

兄が所有している家屋(兄の居住)で土地は借地のようです。兄は入院しており意識がなくこのまま亡くなった場合、 借地に立てた家屋は、更地にして土地を地主に返却するのが一般的ですが、残された債務は兄弟が責任を負う義務が ありますか?兄弟はお...

民事執行法改正

借金・債務整理 2021年08月16日

2020.4民事執行法改正は、それ以前の債権にも有効ですか? 改正以降の判決だけ使えるのですか?

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する