口約束だけの借金も返さなくてはダメ?

User image 1 Legalus編集部さん 2014年01月07日

 知人(男性)にお金を借りる予定でした。借用書を渡し、お金は後日振り込むと言われました(結局振り込まれていません。)。



 しかしそれから彼氏でもないのに家に泊まらせろ、引っ越せなどの要求が酷くなりました。



 気持ち悪いので、借りるのを辞めました。

 借用書はデートしてくれなきゃ返さないと言われました。

 私は絶対返して欲しいです。彼は「借用書は俺の物だから俺に従え」という感じです。

 どうすれば返して貰えますか?



(20代:女性)

関連Q&A

知人からの借金なんですが

借金返済 2017年04月12日

現在、60万ほどあります。 借用書はなく、メールと振り込みでやり取りしていました。 返済はいつでもいいと言われていたのですが体の関係があり会うのが苦痛になり会わずにいました。 すると今すぐ返せと言われ、返せなかったので相手の条件をどう...

お金を貸している知人と連絡が取れません

借金返済 2017年03月30日

1年半前になりますが、離婚する際夫が所有する車を処分に困り知人に売る約束をしました。 車の代金は保証人であった私の父親が全額(100万円)支払い、所有者より譲り受けました。 そのまま、知人が20万で購入するとの話になり、金銭は後日支払...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     実際に、相手方男性から相談者に対して、お金が振り込まれていない(交付されていない)本件では、金銭消費貸借契約は未だ成立していないので、その借用書は効力を有せず、借用書を無理に返してもらう必要はないでしょう。



     つまり、民法587条は、「消費貸借は、当事者の一方が種類、品質及び数量の同じ物をもって返還をすることを約して相手方から金銭その他の物を受け取ることによって、その効力を生ずる。」と規定しています。



     金銭を受け取っていない本件においては、相談者と男性とで約束した金銭消費貸借契約は、未だ効力を生じていないということになります。



     そして、借用書とは、「当事者の一方が種類、品質及び数量の同じ物をもって返還をすることを約し」たことを書面にしたものですが、契約の効力が生じていない以上、このような書面も効力を有することはありません。



     つまり、相手方男性が借用書を持っていても、当該男性がそれを根拠に相談者に対して返済を求める権利はありません。



     ですので、相談者は男性から借用書を無理に返してもらう必要はありません。



     しかし、仮に男性が貸金返還請求訴訟を起こした場合、「金銭を交付したこと」という事実は、裁判において男性(原告)側が立証しなければならない事実であるものの、本件では借用書に受け取りの事実が書かれているときは、これをいいことに「渡した」と主張することが考えられます。借用書の記載によっては、トラブルのもとになりますので、弁護士に相談すべきです。

2014年01月07日

借金返済に強い弁護士

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ