口約束だけの借金も返さなくてはダメ?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 知人(男性)にお金を借りる予定でした。借用書を渡し、お金は後日振り込むと言われました(結局振り込まれていません。)。



 しかしそれから彼氏でもないのに家に泊まらせろ、引っ越せなどの要求が酷くなりました。



 気持ち悪いので、借りるのを辞めました。

 借用書はデートしてくれなきゃ返さないと言われました。

 私は絶対返して欲しいです。彼は「借用書は俺の物だから俺に従え」という感じです。

 どうすれば返して貰えますか?



(20代:女性)

関連Q&A

突然発覚した借金の対応に悩んでおります

借金返済 2017年01月14日

初めまして この度困り果ててしまい質問させていただくことにしました。 家事全般をひとりでこなしていた母が緊急入院することになり、 代わりに家事をするようになったのですが、郵便物の中にクレジット会社の請求書があり 母に聞いてみると借金し...

借入返済

借金返済 2017年01月05日

気が付けば借入の返済で首が回らない状態になってしまいました。最近テレビやネットで債務整理の情報をよく耳にしますが、今までは相談する気持ちの整理ができませんでした。 自業自得とはいえ、正直もうどうしてよいかわかりません。良いご意見があれ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     実際に、相手方男性から相談者に対して、お金が振り込まれていない(交付されていない)本件では、金銭消費貸借契約は未だ成立していないので、その借用書は効力を有せず、借用書を無理に返してもらう必要はないでしょう。



     つまり、民法587条は、「消費貸借は、当事者の一方が種類、品質及び数量の同じ物をもって返還をすることを約して相手方から金銭その他の物を受け取ることによって、その効力を生ずる。」と規定しています。



     金銭を受け取っていない本件においては、相談者と男性とで約束した金銭消費貸借契約は、未だ効力を生じていないということになります。



     そして、借用書とは、「当事者の一方が種類、品質及び数量の同じ物をもって返還をすることを約し」たことを書面にしたものですが、契約の効力が生じていない以上、このような書面も効力を有することはありません。



     つまり、相手方男性が借用書を持っていても、当該男性がそれを根拠に相談者に対して返済を求める権利はありません。



     ですので、相談者は男性から借用書を無理に返してもらう必要はありません。



     しかし、仮に男性が貸金返還請求訴訟を起こした場合、「金銭を交付したこと」という事実は、裁判において男性(原告)側が立証しなければならない事実であるものの、本件では借用書に受け取りの事実が書かれているときは、これをいいことに「渡した」と主張することが考えられます。借用書の記載によっては、トラブルのもとになりますので、弁護士に相談すべきです。

2014年01月07日

借金返済に強い弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ