個人からお金を借りたら取立てがひどかった

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年03月16日 19時56分

 個人間の借金トラブルでのご相談です。個人から25万円を貸してもらいました。借りた日から返済期日まで半月も無く、期日に一括返済が難しかったので、貸し主へ期日延長と分割返済のお願いを申し出たところ、「体を売れ」「俺の所で働け」「お前は俺達に何をされても逆らえない」等の話をされました。貸し主は売春斡旋をしている人らしく、俺の所で働けないなら利子が発生する。12月10日に借りて1月4日現在の利子が85750円と言われました。実家にも来られて、勤務先にも電話が来て、怖くて仕事にも行けません。何か解決策はございませんでしょうか?



(20代:女性)

匿名弁護士

     今回の相談の貸主は出資法違反を犯していると考えられますので、ますは警察に相談されるとよいでしょう。

     出資法5条1項は、金銭の貸付けを行う者が、年109.5パーセントを超える割合による利息の契約をしたときは、5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金に処し、又はこれを併科するとしています。

     今回相談者が貸主から要求された利息は2011年12月10日から2012年1月4日までの26日間で85,750円であり、年利に換算すると約4800%もの法外な利息です。これは出資法の定める年利109.5%を超える利息であり同法に違反します。

     また、今回の貸主の返済を求める態様は恐喝罪、脅迫罪及び強要罪にあたる可能性もあります。

     ですので、一度警察に相談されるとよいでしょう。



     また、年109.5%を超える利息での貸付契約を行った場合には、当該契約は公序良俗民法90条)に反し、無効です。したがって、利息については一切支払う必要はありません。

     さらに、今回のように出資法の制限金利を大幅に超えるようなケースでは、貸付け自体が違法行為であるといえます。このような場合、既に返済した金銭の返還を求めることができるほか、手元に残っている借りた金銭についても、不法原因給付民法708条)となり、返還の義務がないという主張も可能です。



     なお、なっとく法律相談「個人のお金の貸し借りにも利息制限法の適用はある?」も参考にしてみてください。

2015年03月16日 19時56分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

借金の条件が反故にされた場合、告訴できますか?

借金返済 2017年07月21日

自営業の女性に10回分割の支払条件で50万貸しました。 しかし一週間後に300万もの借金があり、支払いが無理だと言う事を知り 債務整理した結果80万ほどとなりそうで返済は可能と言われました。 債務整理は私も同席しましたので間違いないと...

不正による弁済額の返済について

借金返済 2017年07月06日

お願いします。 私は、32歳で某コールセンターにて、管理職として勤務しておりましたが、今年の1月から3月にかけて、サイト内で利用できるギフト券の様なものを130万円分不正に付与をしてしまいました。 上記の内容について、先日公正証書を作...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

借金返済に強い弁護士

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

一つ一つのご相談について、真摯な対応を心掛けております。

お話をじっくり聞き、より良い解決策をご提案します。

できない理由を見つけるのではなく,できる方法を一緒に考え,お手伝いさせていただきます。

ページ
トップへ