個人からお金を借りたら取立てがひどかった

User image 1 Legalus編集部さん 2015年03月16日

 個人間の借金トラブルでのご相談です。個人から25万円を貸してもらいました。借りた日から返済期日まで半月も無く、期日に一括返済が難しかったので、貸し主へ期日延長と分割返済のお願いを申し出たところ、「体を売れ」「俺の所で働け」「お前は俺達に何をされても逆らえない」等の話をされました。貸し主は売春斡旋をしている人らしく、俺の所で働けないなら利子が発生する。12月10日に借りて1月4日現在の利子が85750円と言われました。実家にも来られて、勤務先にも電話が来て、怖くて仕事にも行けません。何か解決策はございませんでしょうか?



(20代:女性)

関連Q&A

弁護士から訴えられそう

借金返済 2017年04月29日

以前武富士で40万ほど借り入れがありました 利率は18パーセントだったと思います 武富士が倒産?で社名が変わり、なんだかよくわからず わからないところに振込するのは嫌なので、平成24年の4月を最後に返済していません その後、回収を受任...

知人からの借金なんですが

借金返済 2017年04月12日

現在、60万ほどあります。 借用書はなく、メールと振り込みでやり取りしていました。 返済はいつでもいいと言われていたのですが体の関係があり会うのが苦痛になり会わずにいました。 すると今すぐ返せと言われ、返せなかったので相手の条件をどう...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     今回の相談の貸主は出資法違反を犯していると考えられますので、ますは警察に相談されるとよいでしょう。

     出資法5条1項は、金銭の貸付けを行う者が、年109.5パーセントを超える割合による利息の契約をしたときは、5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金に処し、又はこれを併科するとしています。

     今回相談者が貸主から要求された利息は2011年12月10日から2012年1月4日までの26日間で85,750円であり、年利に換算すると約4800%もの法外な利息です。これは出資法の定める年利109.5%を超える利息であり同法に違反します。

     また、今回の貸主の返済を求める態様は恐喝罪、脅迫罪及び強要罪にあたる可能性もあります。

     ですので、一度警察に相談されるとよいでしょう。



     また、年109.5%を超える利息での貸付契約を行った場合には、当該契約は公序良俗民法90条)に反し、無効です。したがって、利息については一切支払う必要はありません。

     さらに、今回のように出資法の制限金利を大幅に超えるようなケースでは、貸付け自体が違法行為であるといえます。このような場合、既に返済した金銭の返還を求めることができるほか、手元に残っている借りた金銭についても、不法原因給付民法708条)となり、返還の義務がないという主張も可能です。



     なお、なっとく法律相談「個人のお金の貸し借りにも利息制限法の適用はある?」も参考にしてみてください。

2015年03月16日

借金返済に強い弁護士

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【初回相談無料】どなたでもお気軽にご相談ください。

おひとりで悩まず、まずはお気軽にご相談ください。※面談相談のみお受けいたします。電話やメールのみでの法律相談・...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ