知人に債権の取り立てを頼まれたのだけど・・・

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 ある人に取り立てを頼まれました。委任状を作成し、その委任状と借用書を持ってその男の家に行ったのですが、奥さんに「旦那はもう一年くらい帰ってきていません」って言われました。こういう場合は、奥さんか旦那さんの親に払ってもらえたりしないですか?



(20代:男性)

関連Q&A

突然発覚した借金の対応に悩んでおります

借金返済 2017年01月14日

初めまして この度困り果ててしまい質問させていただくことにしました。 家事全般をひとりでこなしていた母が緊急入院することになり、 代わりに家事をするようになったのですが、郵便物の中にクレジット会社の請求書があり 母に聞いてみると借金し...

借入返済

借金返済 2017年01月05日

気が付けば借入の返済で首が回らない状態になってしまいました。最近テレビやネットで債務整理の情報をよく耳にしますが、今までは相談する気持ちの整理ができませんでした。 自業自得とはいえ、正直もうどうしてよいかわかりません。良いご意見があれ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     弁護士法72条は「弁護士でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱うことを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。(抜粋)」と定めています。他人の債権の回収委託を受けてこの取立てをなす行為は、上記の代理にあたるとされ、報酬を得る目的で行うことは、いわゆる非弁活動として禁止されています。

    (債権管理回収業として適式の要件を備え、認可を受けた債権回収会社については、同条但し書きによる「他の法律に別段の定めがある場合」の例として、他人の債権の回収委託を受け、これを取り立てることが許されています。)
    同条に違反すると「2年以下の懲役又は300万円以下の罰金」(同法77条)に処せられます。



     したがって、相談者が依頼者との間で、何らの経済的な見返りを得ることなく、債権回収を代行する分には問題ありませんが、報酬を得る目的で債権回収を委任する契約をしているのであれば、同法違反となります。



     なお、債務者の妻や親に債権の肩代わりをさせることは、それらの者が保証人等になっていない限り難しいでしょう。

2014年01月07日

借金返済に強い弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ