未成年者に貸したお金が返ってこない!法律的には返してもらえないの!?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時05分

 2ヶ月前に知り合いの17歳の女の子にお金を貸したのですが、まだ返済されてません。借用書は無いのですが、相手からのメールに今回のお金の貸し借りについてのことは全て書いてあります。
警察に相談したところ相手の家に行って保護者に説明してみて下さいと言われたので、説明しに行ったのですが親は留守中でした。
翌日、女の子から連絡があり、親に連絡しても出ないよ。と言われ、後、警察に呼び出されて行ったけど、弁護士に相談してもどうもならないと警察に言われたよというのです。今回のような場合では、弁護士に相談しても意味がないのでしょうか?



(20代:男性)

匿名弁護士

     未成年者相手にお金を貸したとしても、そのお金(場合によってはその一部)を取り返すことは可能です。



     まず、未成年者が法律行為をするには、原則として、保護者たる法定代理人の同意が必要となります(民法5条1項本文)。未成年者が法定代理人の同意を得ずに法律行為をした場合、その法律行為は取り消すことができます(同2項)。そして、取り消されると、その法律行為は、はじめから無効であったものとみなされます(同法121条)。

    今回の未成年者との間の金銭消費貸借契約の締結においても、法定代理人である保護者の同意が必要であったといえます。
    ですので、今回の場合も未成年者本人もしくはその親に取消権を行使されてしまうと金銭消費貸借契約はなかったことになってしまいます。
    おそらく、警察はお金の貸し借りがなかったことになるということに関してで、弁護士に相談してもどうにもならないといっているのだと考えられます。
    しかし、たとえ金銭消費貸借契約がなかったことになったとしても、今回の未成年者は相談者にお金を返す義務があります(同法703条)。ただし、未成年者等は、現に利益を受けた範囲でのみ返還すれば足りるとなっています(同法121条但し書き)。

    ですので、今回の場合も未成年者が、本件のお金を遊びに使い切っていた場合には、現存利益がないということになり、返還を求めることはできません。他方、生活費の一部に当てた場合(例えば、昼食代に充てた等の場合)にはその残りは取り返すことが可能です。もちろん、全く手つかずで残っている場合には全額の返還を求めることが可能です。



     以上より、一部でもお金を取り返す可能性があることから弁護士に相談することは全くの無意味とはいえないでしょう。

2014年01月07日 04時05分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

借金の条件が反故にされた場合、告訴できますか?

借金返済 2017年07月21日

自営業の女性に10回分割の支払条件で50万貸しました。 しかし一週間後に300万もの借金があり、支払いが無理だと言う事を知り 債務整理した結果80万ほどとなりそうで返済は可能と言われました。 債務整理は私も同席しましたので間違いないと...

不正による弁済額の返済について

借金返済 2017年07月06日

お願いします。 私は、32歳で某コールセンターにて、管理職として勤務しておりましたが、今年の1月から3月にかけて、サイト内で利用できるギフト券の様なものを130万円分不正に付与をしてしまいました。 上記の内容について、先日公正証書を作...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

借金返済に強い弁護士

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

【初回相談は1時間無料です】お客様にとっての最善策を追求します

全てはお客様のために。迅速、丁寧、正確なサービスを追求します。初回相談30分無料

依頼者のために最善を尽くしていきます

ページ
トップへ