借用書がメモ用紙!これって通用するの?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 三年間の不倫関係中に私の主人が相手に50万円借りたそうです。その時メモ用紙に自筆で「『50万円借りました。』○○(氏名)」と書き、押印(認印)をしたそうです。そのメモ書きは有効ですか?



(50代:女性)

関連Q&A

プロミスから訴えられました

借金返済 2016年12月01日

プロミスに65万円の債務があります 会社を解雇され、うつ病を発症し無職です 東京簡易裁所より特別送達にて提訴され、擬制陳情書を送り、分割払いの 和解を申し込みましたが さらに再度出頭要請がきました どうしたらよいでしょう 体調不良で、...

借金を返してもらう方法はないでしょうか?

借金返済 2016年07月12日

私の母と、その弟との間に金銭トラブルが生じています。その弟は、内縁の妻的な女性の車を買うために、私の母に150万円を借りました。それ以前にも、その弟の子どもの学費として50万円を貸しており合計で200万円になります。 このうち55万円...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

      金銭消費貸借契約は、お金の貸し借りの約束と金銭の授受の事実があれば成立します(民法587条参照)。つまり、借金は借用書が無くても成立するということになります。

    今回の場合も、相談者の旦那さんが貸主との間でお金の貸し借りの約束をし、50万円を受け取ったのであれば、契約は成立しており貸主に50万円を返す必要があります。
    借用書や金銭消費貸借契約書は、貸主が弁済を求めるときに借主が借りた覚えが無いなどと言った場合に、金銭消費貸借契約が存在したことを証明する物として作成される物です。その様式は特に問われません。今回のようにメモ用紙に、認印というものであっても裁判においては金銭消費貸借の存在を認定するには十分な物であると考えられます。

2014年01月07日

借金返済に強い弁護士

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ