借金を一部返したはずなのに、全額の返済を要求された!

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 知人にお金を借りた時に借用書をかきました。その後にお金を少しずつですが返しました。まだ全額は返せてないのですが知人からは借用書に書いてある金額を返せと言ってきました。返す約束はしたのですが、返したお金の事を話すとそんな事はどうでもいいといいます。お金を返していても借用書の金額はかえさないといけないのですか?



(50代:女性)

関連Q&A

知人からの借金なんですが

借金返済 2017年04月12日

現在、60万ほどあります。 借用書はなく、メールと振り込みでやり取りしていました。 返済はいつでもいいと言われていたのですが体の関係があり会うのが苦痛になり会わずにいました。 すると今すぐ返せと言われ、返せなかったので相手の条件をどう...

お金を貸している知人と連絡が取れません

借金返済 2017年03月30日

1年半前になりますが、離婚する際夫が所有する車を処分に困り知人に売る約束をしました。 車の代金は保証人であった私の父親が全額(100万円)支払い、所有者より譲り受けました。 そのまま、知人が20万で購入するとの話になり、金銭は後日支払...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     相談者が今までに返済された額が、今回の金銭消費貸借契約の利息を支払いきれていない場合には、元本が丸々残っているという事は考えられます。

    民法では、債務者が一度の弁済で債務の全額を弁済する事が出来ない場合には、費用、利息及び元本の順番で充当するとしています(419条)。つまり借金の返済は利息から減っていくという事になります。ですので、相談者の返済した額が利息の支払いを終えていない場合には前述のとおり元本が残っているという事は出来ます。

    もっとも、今回の場合相手方は相談者が今までに返済した事に関して「そんな事はどうでもいい」と言っているので、相談者の弁済について争っているという事になります。
    この場合、借金の残額を供託債務不存在確認訴訟を起こすという方法が考えられます。もっとも、相談者がこれまでの返済に関して相手方から領収書を発行してもらってない場合には、相談者が借金の一部を返済した事の立証はかなり難しくなります。もっとも、相手方の銀行口座に振り込みで返済していたのであれば立証は容易になるでしょう。

    このような立証の困難さからすると相手方とよく話し合われるのが得策でしょう。話し合う方法としては、裁判所の調停制度を利用されるとよいでしょう。調停制度は弁護士を代理人にたてなくても利用しやすい制度になっています。簡易裁判所の調停受付にいけばかなり丁寧に申立て方法等を教えてもらえますので、利用を検討してみて下さい。

2014年01月07日

借金返済に強い弁護士

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ