お金を又貸しされた場合、誰に請求すれば良いでしょうか?

User image 1 Legalus編集部さん 2014年08月27日

 知人Aに貸したお金を返済してもらえません。簡易的な借用書はあるのですが、そのAさんは違う方Bさんに私のお金を託し、その方は詐欺で留置所にいます。
 Aは直接Bに返してもらってくれと言っています。今度留置所に面会に行ってみようと思いますが、会ってもらえるかどうか...。なんとか、返金してもらえる方法はないでしょうか?



(30代:女性)

関連Q&A

知人からの借金なんですが

借金返済 2017年04月12日

現在、60万ほどあります。 借用書はなく、メールと振り込みでやり取りしていました。 返済はいつでもいいと言われていたのですが体の関係があり会うのが苦痛になり会わずにいました。 すると今すぐ返せと言われ、返せなかったので相手の条件をどう...

お金を貸している知人と連絡が取れません

借金返済 2017年03月30日

1年半前になりますが、離婚する際夫が所有する車を処分に困り知人に売る約束をしました。 車の代金は保証人であった私の父親が全額(100万円)支払い、所有者より譲り受けました。 そのまま、知人が20万で購入するとの話になり、金銭は後日支払...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     金銭の貸し借りは、消費貸借と言います。民法587条では「消費貸借は、当事者の一方が種類、品質及び数量の同じ物をもって返還をすることを約して相手方から金銭その他の物を受け取ることによって、その効力を生ずる」と規定されています。

     そして、借りた相手がその後他の人にお金を託そうとも、基本的には契約は貸した人と借りた人との間に成立します。例外として、AさんがBさんの代理として金銭の消費貸借契約を結んだ場合はBさんとの間に契約が成立します。そのため、確認していただきたいのは当時の状況と借用書です。借用書にBさんの名前が無く、Aさんの名前が記載されていればAさんとの間に契約が成立したと考えてよいと思われます。

     詳細はわかりませんが、今回のケースでは、借りたのはAさんであって、Bさんではないと考えてよいと思われますので、返金を求める相手はAさんとなるでしょう。返済の期日を定めていない場合は、基本的にはご相談者がいつでも返済を求めることが可能です(民法412条3項を参照)。

     もっとも、悩ましいのは返済を求めても様々な理由をつけて返してくれない場合です。個人としては、粘り強く説得するぐらいしか方法がありません。

     こうした場合は、債権回収を弁護士などの専門家に依頼する方がベターではないかと考えられます。法的に適切な回収方法はもちろん、仮に訴訟となっても貸した金額に応じて、費用を抑えた少額訴訟などの手法を採用してくれるものと思われます。

2014年08月27日

借金返済に強い弁護士

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

まずは,お気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ