借用書がない借金の返済義務

Legalus編集部さん 2014年01月14日

 2年半前に母が亡くなりました。先日、「母の友人」という人から、「お母さんにお金を貸していたので返してほしい」との連絡がありました。
 その人の話によると、母に「息子がお金に困っている」と相談を持ちかけられ、300万円貸した。本人の死後、急にこんなことを言い出すのはためらわれたので、今まで黙っていた。しかし、お母さんはあなたのために借りたのだから、あなたが返してほしい。友人の間柄だったので、借用書は交わしていない...とのことでした。
 話を聞いてみると、母や私のことを知っており、懇意だったことはうかがえます。しかし、私は面識がありませんし、私が母から援助を受けた事実もありません。
 本当に母が迷惑をかけていたのなら、息子としてきちんとしたいという気持ちはあるのですが...どう対応したらよいでしょうか?

(40代:男性)

関連Q&A

突然発覚した借金の対応に悩んでおります

借金返済 2017年01月14日

初めまして この度困り果ててしまい質問させていただくことにしました。 家事全般をひとりでこなしていた母が緊急入院することになり、 代わりに家事をするようになったのですが、郵便物の中にクレジット会社の請求書があり 母に聞いてみると借金し...

借入返済

借金返済 2017年01月05日

気が付けば借入の返済で首が回らない状態になってしまいました。最近テレビやネットで債務整理の情報をよく耳にしますが、今までは相談する気持ちの整理ができませんでした。 自業自得とはいえ、正直もうどうしてよいかわかりません。良いご意見があれ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     相続は、原則として、被相続人の法律上の権利義務を包括承継します(民法896条)。したがって、相続放棄などの特別の手続をとらない限り、お母さんの残した借金は、相続人たるあなたが返済義務を負います。
     しかし、当たり前のことですが、借りてもいない金銭まで返済する義務などありません。

     金銭消費貸借契約に基づいて貸金返還請求をするならば、貸主だと主張する者が、契約の存在を明らかにしなければなりません。
     もちろん、契約書(借用書)を作成していなかったり、紛失したり、というのは、親しい間柄ではありうることです。しかし、その場合には、金銭の受け渡しの状況(何年何月何日何時ごろ、どこで、どのように金銭の受け渡しをしたか)、返済の約束はどのように取り決めたか――などを説明するべきです。
     特に、返済の約束は重要です。金銭の受け渡しをしていても、返済の約束がないのなら、贈与だった可能性もあります。また、返済期日が分からなければ、利息の計算もできません。そもそも、すでに返済期日が到来しているかどうかも分かりません。

     今の時点では、あなたがご自分からなすべきことはないと考えます。
     「故人は息子のためにお金を借りた」という理由がたとえ本当だったとしても、契約の存在を立証することが、息子の義務となるわけではありません。

2014年01月14日

借金返済に強い弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ