それは家の生活費!叔母から借金を取り立てたい

Legalus編集部さん 2014年05月13日

 父が先日、父の実の妹(私の叔母)に90万のお金を貸しました。ところが、期限を過ぎても、お金が一向に返ってきません。
 そこで、私が叔母に問い合わせてみると、「あなたには関係ない。私はあなたではなく、あなたのお父さんにお金を借りたのだから。」というのです。
 お金は、家族の生活費にあてるものであって、父のものではなく、私達家族のお金だと思っています。生活費にあてるお金であっても、それは家族のものではなく、父親のものなのでしょうか?父親の権限で家族は成り立っているのでしょうか?
 父は、「ほっておけ」というばかりで、話になりません。

 私は叔母にお金の返済を請求する資格はないのでしょうか?

(20代前半:女性)

関連Q&A

知人からの借金なんですが

借金返済 2017年04月12日

現在、60万ほどあります。 借用書はなく、メールと振り込みでやり取りしていました。 返済はいつでもいいと言われていたのですが体の関係があり会うのが苦痛になり会わずにいました。 すると今すぐ返せと言われ、返せなかったので相手の条件をどう...

お金を貸している知人と連絡が取れません

借金返済 2017年03月30日

1年半前になりますが、離婚する際夫が所有する車を処分に困り知人に売る約束をしました。 車の代金は保証人であった私の父親が全額(100万円)支払い、所有者より譲り受けました。 そのまま、知人が20万で購入するとの話になり、金銭は後日支払...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     結論から申し上げれば、現在の状況ではあなたが叔母さんに返済を求める法的な資格はありません。

     家族は互いに扶養する義務がありますが(民法877条1項)、財産は各自の所有とされています(別産制)。その点で、お父さんが所有する財産をどのように処分しようと、原則として家族は何もいえません。

     そして、金銭貸借に代表される債権・債務関係は、原則として債務者が債権者にのみ責任を負う関係です。つまり、叔母さん(債務者)はあなたのお父さん(債権者)にのみお金を返す義務を負うわけです。

     このように、法律の上ではあなたが叔母さんにお金の返済を求める資格はないことになります。
     従って、まず債権者であるお父さんを説得すべきでしょう。そのうえで、あなたがお父さんの代理人となるか、あるいはお父さんから債権を譲り受けることができれば、あなたが叔母さんにお金の返済を請求することができるようになります。

2014年05月13日

借金返済に強い弁護士

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

まずは,お気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ