「返すのはいつでもいい」と言われ借りたお金、返すのはいつ?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 4年前、ある会社の役員をしている知人から、留学費用として200万円借りました。「返すのはいつでもいい」とのことでしたので、ありがたくお借りすることにしたのです。
 アメリカに留学して卒業し、結婚しました。しかし、結婚は失敗で、現在、離婚手続を進めています。精神的にも体力的にも、働いて返済できる状態ではありません。
 ところが、突然「体を売ってでも金を作り、一括払いしろ」と脅迫じみたメールが送られてくるようになりました。
 私はこれからどう対処していけばいいのでしょうか?

(30代:女性)

関連Q&A

突然発覚した借金の対応に悩んでおります

借金返済 2017年01月14日

初めまして この度困り果ててしまい質問させていただくことにしました。 家事全般をひとりでこなしていた母が緊急入院することになり、 代わりに家事をするようになったのですが、郵便物の中にクレジット会社の請求書があり 母に聞いてみると借金し...

借入返済

借金返済 2017年01月05日

気が付けば借入の返済で首が回らない状態になってしまいました。最近テレビやネットで債務整理の情報をよく耳にしますが、今までは相談する気持ちの整理ができませんでした。 自業自得とはいえ、正直もうどうしてよいかわかりません。良いご意見があれ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     金銭消費貸借契約をするにあたって、「返すのはいつでもいい」との約束をした場合、借りた人は、一体いつ返済すればいいのでしょうか。本件では、二つの解釈が可能だと思います。

     まず、「留学費用に充てるため」という事情から、いわゆる「出世払い」債務としての返済約束、すなわち、借りた人は返す余裕ができたときに返せばよい、という解釈です。「返すのはいつでもいい」との約束を、不確定期限を定めたものであると考えるのです。
     不確定期限のある債務では、期限が到来したことを債務者が知ったとき(民法412条2項)、つまりあなたが出世したときが履行期となります。
     これによれば、あなたの現在の情況から、期限は未到来であり、今すぐ返済する義務はないといえます。

     もう一つは、期限の定めのない債務とする解釈です。
     期限の定めのない債務では、債権者が「返せ」と催告したときが履行期となり(同条3項)、それから相当期間(返すための準備をする期間)が経過したときに履行遅滞となる、とされています。
     これによれば、債権者が催告をした以上、相当期間が経過するまでに返済しなければ、履行遅滞責任を負うことになります。

     いずれであるかは、契約時点での当事者の合理的意思を解釈するしかありません。しかし、相談の内容からは、不確定期限を定めたものと考えるのが妥当でしょう。もし期限の定めのない債務と考えるとしても、社会通念を逸脱するような取立ては違法となります。

     対処の方法としては、まずは話し合いの機会を持つことです。
     債権者が、なぜ急に返済を迫るようになったのかは分かりません。しかし、大金を借りたまま連絡の途絶えたあなたに立腹しているのかもしれませんから、あなたの現状を理解してもらう努力をしてみましょう。

2014年01月07日

借金返済に強い弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ