友人のローン返済中の車を差し押さえたい!

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 昨年7月、中小企業経営者の友人から1000万貸してほしいと頼まれました。当時、私の会社は経営が順調だったため、困ったときはお互い様と思い、1ヶ月後を支払期限として貸しました。
 彼は期限を過ぎても返済しませんでしたが、いつかは返してくれるものと思い、そのままにしていました。しかし、私の会社も資金繰りが悪化したため、改めて返済を求めました。11月末には入金すると約束をしてくれましたが、ナシのつぶてに終わりました。
 そこで彼の資産を押さえたいのですが、本人同意の下、ローン返済中の車を押さえることができるのでしょうか。民事執行は違法だ、と周りに言われて少し心配です。訴訟や仮執行するにも費用がかかります。何かいいアドバイスないでしょうか?

(20代:男性)

関連Q&A

プロミスから訴えられました

借金返済 2016年12月01日

プロミスに65万円の債務があります 会社を解雇され、うつ病を発症し無職です 東京簡易裁所より特別送達にて提訴され、擬制陳情書を送り、分割払いの 和解を申し込みましたが さらに再度出頭要請がきました どうしたらよいでしょう 体調不良で、...

借金を返してもらう方法はないでしょうか?

借金返済 2016年07月12日

私の母と、その弟との間に金銭トラブルが生じています。その弟は、内縁の妻的な女性の車を買うために、私の母に150万円を借りました。それ以前にも、その弟の子どもの学費として50万円を貸しており合計で200万円になります。 このうち55万円...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     自動車のローン(割賦払い)契約では、代金完済まで所有権は売主に留保されているのが普通です。買主が代金完済までに支払い能力を失った場合にも、売主に所有権をとどめておけば代金債権を担保できるからです。このような方法を「所有権留保」といいます。

     所有権留保では、買主は代金完済までは目的物の所有権を取得できないため、目的物を自由に処分することができないのが原則です。転売されたとしても、転売の相手方は所有権留保つきの車を手に入れただけに終わります。それでも、普通の動産の場合には即時取得民法192条)する可能性があるのですが、自動車では道路運送車両法による登録制度により公示がなされて、他人の物であることにつき善意であったとは認められません。また、自動車に強制執行をかけても、所有者から第三者異議の訴え(民事執行法第38条)を出され、実行を阻止されるということになります(他人の物に執行をかけて債権を回収することはできません)。
     そういうわけで、あなたがその自動車を担保にとっても法的には無意味であるということになります。

     本件のような場合、債務者に支払い意思がないのであれば、やはり法的手段に訴えるしかないでしょう。債務者はあなたの友達想いの性格を知っていて、強行手段に出ることはないと高をくくっているかもしれません。
     しかし、債務者に支払い能力すらないとなると、法的手段を取っても全額回収することは難しくなります。思い切った態度を見せないと、支払い能力さえなくなってからでは、もはやどうすることもできなくなります。

2014年01月07日

借金返済に強い弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ