知人に貸したお金(金銭債権)を第三者に引き受けてもらいたい!

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時10分

 知人にお金を貸しています。公正証書にして800万円貸し、月々10万円返済することになっています。

 そのうち10回は返済され、残額は700万円になりましたが、11回目の返済が遅れています。私もその一部を第三者から借りているので、返済が滞ると困るのです。

 こういう金銭債権を引き受けてもらえるところはあるのでしょうか。金額は安くてもかまわないのですが・・・

(40代:男性)

匿名弁護士

 金銭債権財産権であるため、第三者に譲渡することができます(民法467条)。債務者の承諾は必要ありませんから、譲受人がいるならば、知人に断りなく債権を譲渡することができるのです。

 しかし、返済の滞った債権を買ってくれる人を探すのは困難です。そもそも、取立てが難しいからこそ人に譲ってしまおうとも思われるのですから、そのような債権を買ってくれる人がいたとしても、安く買い叩かれてしまうことでしょう。


 本件では公正証書が作成してあるということですから、債務者に財産があれば、それに強制執行をかけることが考えられます。

 本来、債権者が債務者の財産にかかっていくには、債務名義が必要です。債務名義とは、強制執行によって実現されるべき債権の存在と範囲を公的に証明した文書です。たとえば、裁判所の確定判決調停調書和解調書認諾調書執行証書などが債務名義となります。この「執行証書」というのが、公正証書です。

 執行機関は、迅速確実な執行のために、債権の存否内容についての判断は下しません。それは他の公的機関に任せるのですが、その証明が債務名義というわけです。

 ただ、執行を申し立ててから債務の実現を得るまでには、それなりの手間と時間がかかるのが難点です。

 そこで、あなたの債権者と話し合って、知人に対する債権で代物弁済民法482条)することを承諾してもらう方法が考えられます。要するに、知人に対する債権を渡して、あなたは債務から免れるのです。

 代物弁済は代わりになるものを提供して弁済に代えるという方法なので、本来的な弁済ではありません。したがって、債権者の承諾が必要です。

 しかし、公正証書が作成してある債権なら、あなたの債権者は応じてくれる可能性があります。


 二つの方法のいずれを選択するかは、知人の財産の有無、あなたの負っている債務の額や利率などによります。状況をよく見極めることが必要です。

2014年01月07日 04時10分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

借金返済

借金返済 2019年04月17日

昨年、知人から20万借り借用書はありません 1月に入金はいるはずが詐欺られ、返済ができなくなり毎月支払いたいと申し出したのですが一括返済を言われました 犯罪でも、体売ってでも作れといわれました でも、お金がなく分割でというのですが信じ...

お金を全額取り返すことはできるの?

借金返済 2019年04月04日

知人にサラ金2件とクレジットカードを貸しました。 相手は、払うからと言ったのですが、全然払ってくれません。 全額ちゃんと支払ってほしいです。

貸した証拠がなければ、裁判は負けてしまでしょうか?

借金返済 2019年03月18日

相手に300万お金を貸しましたが、 なかなか返してくれないため、 法的措置をとり、裁判所から 督促状を、送って貰いました。 すると相手は意義をとなえて来て 貰ったものだと認識していると 言って来ました。借用書がなく、 口約束で返済を約...

ホストクラブの売り掛けについて

借金返済 2019年02月23日

ホストクラブでの売り掛け(借金)についてです。シャンパンを煽られ断りきれず、安いシャンパンを担当ホストに開けてしまいました。クレジットカードの上限がきてしまい支払えず、売り掛けにして後日支払いになりました。その数日後に支払う代金がない...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ