借金回収の名目で定期貯金を無断解約された!

Legalus編集部さん 2015年07月23日

 「将来仕事が見つかったら返す」という約束で、親からお金を借りていました。

 ある日、「あなたの通帳を作っておいてあげる」というので運転免許証を預けたところ、それを使って、私名義の定期預金を全額解約されてしまいました。

 親は、「貸した金を取り返しただけだ」と開き直っています。そんな言い分が通るのでしょうか。また、このことを理由に、親に慰謝料を請求できないでしょうか。


(?代:男性)

関連Q&A

プロミスから訴えられました

借金返済 2016年12月01日

プロミスに65万円の債務があります 会社を解雇され、うつ病を発症し無職です 東京簡易裁所より特別送達にて提訴され、擬制陳情書を送り、分割払いの 和解を申し込みましたが さらに再度出頭要請がきました どうしたらよいでしょう 体調不良で、...

借金を返してもらう方法はないでしょうか?

借金返済 2016年07月12日

私の母と、その弟との間に金銭トラブルが生じています。その弟は、内縁の妻的な女性の車を買うために、私の母に150万円を借りました。それ以前にも、その弟の子どもの学費として50万円を貸しており合計で200万円になります。 このうち55万円...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     第一に、借りたお金も、返済期限が到来するまでは、返済する義務はありません。では、あなたの借金は返済期限が到来しているでしょうか。
    「将来仕事が見つかったら返す」という約束は、「出世払い契約」といわれているものです。親子など、特に懇意、密接な関係においては、「返せるだけの資力ができたら返す(資力がないままなら返さなくてもよい)」との黙示の合意がなされたとみることもできます。しかし、通常は、「いつか分からないけれど、資力ができたときには必ず返さなければならない」という意味に解釈されています。



     いずれにせよ、あなたの借金は返済期限が到来していないということになります。ですから、親は「返せ」と請求することもできないし、ましてや勝手に定期預金を解約することが許されるはずがありません。

     また、たとえ返済期限が到来していたとしても、金を返してもらうためには、民事訴訟法、民事執行法等の法律による手続を踏まなければなりません。自力救済は禁止されているのです。
     そこで、あなたは不当利得返還請求権を行使して、「定期預金相当額の金を返せ」と請求することができます。



    また、あなたの親の行為は、民法上の不法行為(709条)にあたります。したがって、精神的損害が発生したとして、慰謝料を請求することはできます。

     しかし、「慰謝料として○○円請求できるんだぞ。法律相談で教えてもらったんだから間違いない。」と口で言うだけでは、何の効力もありません。本気で慰謝料を払わせたいならば、慰謝料請求権が存在することを、裁判所に認めてもらわなければなりません。民事訴訟を提起するひつようがあります。

     ただ、そのためには、あなた自身が、訴状を作成したり、訴えを提起するための費用を払ったり、証拠を集めたりしなければなりません。弁護士を頼めば、報酬も払わなければなりません。そのような負担を負う決意があるのなら、訴えを起こすこと自体は可能である、ということです。



    さらに、親の行為は、刑法上の詐欺罪(246条)にあたります。「通帳を作る」と欺いてあなたに通帳を交付させ、預金額相当の金員を得た結果、あなたにはそれだけの損害が発生しているからです。

     ただ、これも警察に告訴することは現実味がありません。「お家で話し合ってください」と言われるのがオチだと思われます。あなたがいまだに親のすねをかじっているとすれば、なおさらです。

2015年07月23日

借金返済に強い弁護士

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ