個人のお金の貸し借りにも利息制限法の適用はある?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時07分

 個人のお金の貸し借りにも利息制限法を適用できますか?また、債務者本人が病気や精神病などで債務整理をする意志があっても出来ない場合の代理人手続きはどうすればいいのでしょうか?


(年齢不詳:性別不明)

匿名弁護士

 個人のお金の貸し借りにも利息制限法の適用があります。


 まず、利息制限法とは、お金の貸し借り一般について、利息の最高限や賠償額予定の制限に関する基本原則を定めた法律です。

 
貸主が、法人であっても個人であっても、また、事業者であっても非事業者であっても適用対象となります。

 
すなわち、個人同士のお金の貸し借りであっても、利息制限法の適用があるのです。

 
利息制限法による最高限(元本が10万円未満の場合は、年2割、元本が10万円以上100万円未満の場合は年1割8分、元本が100万円以上の場合は年1割5分)を超えた利率を定めても、この制限を超える部分については無効となります。

 
また、利息制限法の制限を超える利息を任意に支払ったときは、元本に充当されるというのが裁判所の判断です。元本を完全に支払ってしまった場合は、すでに支払った利息制限法の規制を超える利息の返還を請求できます。

 
なお、個人としてお金を貸す者であっても、年109.5%を超える割合による利息の契約をすると、5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金に処し、又はこれを併科される可能性があります(出資法5条1項)。


 次に、債務者本人が病気や精神病であったとしても、自ら有効な意思表示ができるのであれば、有効に代理人を選任して債務整理をすることができます。

 
つまり、債務整理をしようという意思をもつだけの知能があれば、有効に代理人を選任することができるのです。

 
自ら有効な意思表示ができないのであれば、「成年後見制度」を利用しましょう。後見開始の審判は、本人だけでなく、配偶者や、4親等内の親族なども申し立てることができます。

 
法定代理人として成年後見人が選任されれば、成年後見人が、弁護士などに債務整理を依頼することになります。


 なお、債務整理をする場合、相手が個人にとどまらず、プロの貸主も含まれるのであるならば、弁護士などの専門家に任されたほうが良いでしょう。

2014年01月07日 04時07分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

借用書に虚偽の記載があります。

借金返済 2020年09月11日

知人に50万円を貸しました。借用書も書いてもらっていますが期限が来ても返済がありません。 調べてみるとネット上で他の方からも同様の借金をしているのがわかりました。また借用書に書かれたアルバイト先も嘘のものとわかりました。 この場合、詐...

5年前から現在も返す意思皆無の高額なお金は返ってきますか?

借金返済 2020年09月02日

【質問】 5年前に当時夫であった者(現在離婚)に貸したお金が返ってくるのは難しいでしょうか。(借用書なし、証拠は振込の記録のみ) また、司法書士や弁護士を通す場合に回収のためにあと何が必要か教えてください。 【状況】 借用書なく400...

個人間(男女)の金銭トラブルで家族まで巻き込まれそうで困っています

借金返済 2020年08月15日

金銭問題と男女関係で揉めています。 出会い系サイトで知り合った女性に300万以上を貸しています(借用書はありません。一部通帳に振込履歴有り)。 メールのやり取りで喧嘩になり、女性とその彼氏、こちらは私と妻同席での話し合いなら、彼氏が女...

パパ活の旅行でトラブル お金返さないと親に連絡すると恐喝

借金返済 2020年08月11日

お食事やお買い物をするパパ活をしていました。身体の関係などはありません。 一緒に海外旅行に行った際、最終日の2日前くらいに盗撮をされました。(向こうは弁護士に聞いたら何回か一緒に写真を撮っている関係ならSNS上などに無断にアップしない...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する