働くのに必要なお金まで市民税の滞納で差押えられてしまいました。どうしたらよいですか?

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年01月19日 18時33分

 2年前から無職で、市民税の滞納額78万円あります(延滞込み)。

 1月から出稼ぎで離島に行くので、交通費用と生活費として借りた16万円が預金口座に入っていたのですが、そのお金を差押えられてしまいました。

 市役所に相談したところ、職員が言うには

 (1)本日中に全額納付

 (2)1年以内の全額納付

 (3)差押えした金額の半分の徴収と毎月25,000円の納付

のどちらか選んでほしいとのことでした。

この選択肢は法的には妥当なのでしょうか?

 確かに滞納して封筒が来ていて、何度か相談に行きました。

 その時は分納するという話で解決したのですが、仕事をしてなかったため、支払うことができず、結果的に放置してしまいました。そのツケが今回の差押えになるのですが、このままでは出稼ぎに行くこともできません。最低限の保証のようなものはないのでしょうか?



(40代:男性)

匿名弁護士

     結論からいえば、ご相談のケースでの差押え(正式には滞納処分)の場合、最低限の保証というものはありません。

     また、銀行預金に対する滞納処分であることから、市としては、前述のようにその全額を差し押さえることができます。

     差し押さえられた金額が、市民税の滞納金額に充当されることになり、これを中止してもらうためには、理論的には滞納金額を全額納付することが必要です。
     したがって、職員の言う(1)は法的に妥当ということになります。



     さらに、(2)及び(3)は、市側が譲歩を示しているものですから、これらもまた法的に妥当な提案というべきです。



     では、どのように対処すべきかですが、ご相談者の経済的事情にもあることでしょうが、ご相談内容から察するに、(3)の選択肢がよいように思われます。
     つまり、8万円について差押えを受忍し、毎月2万5000円を支払う方法です。



     今後の注意点を述べますと、毎月の2万5000円の支払いも困難な状況になるかもしれません。

     そのような場合には、早め早めに、市の担当者に事情を説明し、相談をすることです。

     金融機関ではありませんので、市もある程度柔軟に相談に乗ってくれるのが一般的です。

2016年01月19日 18時33分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

兄の債務を支払いたくない。

借金返済 2017年07月27日

債務者である兄が2年前に自己破産し、連帯保証人である父は5年前に他界し、その相続人である私に債権者から先月、支払請求がきました。 自己破産時に兄から、父が連帯保証人であることは知らされていませんでした。 私としては兄の身勝手さから、感...

主人の親が19年前くらいに会社から借りていたお金をかえせと急に言われました

借金返済 2017年07月26日

私の主人が主人の両親から借りたお金についての返済義務について相談させて下さい。 私と主人は18年前に結婚しましたが、それより約1年くらい前(今から19年くらい前)に主人が勤めていた会社に不利益を与え、損害賠償するために主人の両親が立替...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

借金返済に強い弁護士

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

一つ一つのご相談について、真摯な対応を心掛けております。

《初回相談無料》相続に特に力を入れています

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

ページ
トップへ