海外に居住している相手に「内容証明」や「少額請求訴訟」などはできるのでしょうか?

User image 1 lu_e555e446さん 2017年11月01日 16時29分

3年前に、友人に30万円を貸しました。
その頃、彼女はちょうど海外で結婚したばかりで、お金がなくて困っているということでした。
私としても余裕があった訳ではありませんが、すぐに返すという言葉を信じて貸しました。

しかし、この半年ほど前からメールをしても返事がこなくなり、
心配になってお金の返済を求めましたが、それ以降まったく返信がありません。

借用書などはなく、すべてメールのやり取りでしか貸したことを証明するものはありません。
実家の住所、電話番号は分かっています。

海外に居住している相手に「内容証明」や「少額請求訴訟」などはできるのでしょうか?
あるいは、彼女の両親に返済義務などはないのでしょうか?

因みにその相手は現在アメリカにいます。

どうかお知恵をお貸しください。宜しくお願いします。

1.日本郵便のHPによれば、海外への内容証明郵便は送付できないとされています。
 もっとも、「国際書留郵便」というシステムがあるようですので、このシステムを用いた場合、郵便物を追跡することは可能なようです(詳細は日本郵便のHPをご覧ください)。

2.当事者間につき準拠法に関する合意がなく、日本人同士が日本国内で貸し借りを行なったという事であれば、日本法が準拠法となるところ(法適用に関する通則法8条1項)、民事訴訟法上、被告が海外に所在する場合に、当然には少額訴訟の除外事由とはしていないため、少額訴訟の提起自体は可能と思われます。
 もっとも、被告の防御の観点等から、裁判所が少額訴訟による審理及び裁判が相当でないと判断した場合、通常訴訟に移行する可能性がある点に注意する必要があります(民事訴訟法373条3項4号)。
 また、被告が通常訴訟への移行を求めた場合も、通常訴訟に移行することとなります(同条1項)。

3.相手方が存命であれば、ご両親が連帯保証人になっていない限り、ご両親には原則として法的には返済義務は発生しません。

2017年11月01日 19時25分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

債権回収を成功させるための預金の差し押さえのタイミングについて教えてください。

借金返済 2021年07月21日

債務者に対して300万円の金銭を貸付けています(公正証書にて弁済契約)。期限の利益の喪失は、返済額の不足が15万円に達した時です。 今月中に支払がない場合は15万円に達しますので、強制執行の対象となります。債務者の財産は、給与が振り込...

婚約者の親の借金。私達への影響は?私側の苗字を選択したほうが良いですか?

借金返済 2021年07月16日

結婚を前提におつきあいしている彼の父親に、借金があることがわかりました。 金額は彼も知らないそうですが、一時期は、自宅まで取りたての人が来るようなこともあったと聞きました。 借金は、昔、彼の父が事業をしていたときのものです。 もう事業...

知人からの借入 破産

借金返済 2021年06月28日

嘘をついて知人からお金を借りました。 返済は遅れながらもしていましたが、返せなくなり、相手に待ってもらえないか伝えましたが、はじめから騙すつもりだったんだろうと言われました。 返すつもりがなかったら返済はしていません、、。その相手とは...

友人が借金をなかなか返してくれない。返してもらうにはどうすればいい?

借金返済 2021年06月15日

友人間でお金の貸し借りをしました。私は貸した側です。高校2年生から3年生の春にかけて1回2000~5000以上の金額で貸しています。合計金額が5万円近くあります。それが約2年経っても返ってこないので、先日借りてる側の自宅に行き保護者と...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する