10年前に知人から借金しました。返済する時になって、利息を請求されています。

User image 1 lu_622f4324さん 2018年04月12日 16時36分

10年前、知人から借金をしました。
その時期は知人もすぐに返済できないことは理解してくれたので、今までまっててもらえました。
ここ2年で返済の予定がたって、今年半分を返金して来年に残り半分を返金予定です。
知人は今年全額を返済してほしかったようですが、こちらも事情があって全額は返済できませんでした。(はずかしながら、他にも借金があって、そちらを先に返済しなければいけなかったので…)そのとき利息を請求されたのですが、借金を申し込んだ際は、利息の話もなかったのでびっくりしています。。支払うことになってしまいますか?気持ち的にはお支払いしたいですが、金銭的にも厳しくて、、
いい解決方法がありましたら、よろしくお願いします。

利息の定めについては、貸主が立証する必要がります。
もっとも、借用書がないとおそらく立証困難でしょうし、そもそも返済期限の定めもないと思われます。

返済期限の定めがない場合、現行法では、貸主が請求して相当期間経過後から年5%の遅延損害金が発生します。
できれば、元本のみで合意できるのが望ましいですが、元本のみでは折り合いがつかない場合、最初の請求日の翌月から年5%の遅延損害金で交渉してみてはいかがでしょうか。

2018年04月12日 19時41分
お礼メッセージ

元本のみでなんとかお願いできればと思うのですが、、
アドバイスありがとうございました。

【ご質問】利息を請求されたのですが、借金を申し込んだ際は、利息の話もなかったのでびっくりしています。支払うことになってしまいますか。

【回 答】結論から申し上げると,年5%の利息がつく可能性があります。
民法には法定利率に関する以下の規定が定められています。
「利息を生ずべき債権について別段の意思表示がないときは、その利率は、年五分とする」(民法404条)
利息に関して特に約束がなかった場合,貸主は利息を年5%とることができるという内容の規定です。
以上からすると,ご相談者様のケースでは特に利息の話はなかったとのことですので,法律的には利息を支払う義務がある可能性があると考えます。

利息を免除できる方法としては,まとまった額の支払いを約束した上で和解すること等が考えられます。自己破産や民事再生という手続も法的にはあります。
どの方法を選択するかについては,詳しい事情をお聞きする必要がありますので,お近くの法律事務所にご相談ください。
なお,法テラスを利用して無料で法律相談ができる可能性もあります。まずは,法テラスに話をしに行くことをお勧めします。

2018年04月13日 11時29分
お礼メッセージ

回答ありがとうございます。
利息を支払うとしても、年5%になるのですね。
法テラスでの相談を検討してみようかと思います。
ありがとうございました。

利息というのは,これだけの期間貸すのだから利息をいただきますよという「利息契約」に基づいて発生するものです。貸金契約に付随するものではありますが,別の契約です。契約ですから,双方が合意していなければ発生はしません。よって,本件で,合意もないのに,法的に,利息が発生することはないと思います。

ただし,「遅延損害金」が発生しないかどうかは,注意が必要です。取り決めした返済期限に返済できず,支払いが遅れてしまったという場合,特に取り決めがなくとも,年5%の遅延損害金が発生します(民法419条1項,404条)。問題は,今回の事案で返済期限がいつだったかですが,特に明確な期限の取り決めがないように見えますから,そうであれば,履行の請求を受けた時から遅滞に陥るということになるのかなと思います(民法412条3項)。裏を返せば,履行の請求を受けるまでは,遅延損害金は発生しないという理解になります。また,別に支払期限を延期する旨合意ができているということであれば,遅延損害金は発生しないといえるかもしれません。

ご相談者様の立場からすれば,利息発生には法的根拠がないということを説明し,かつ,相手方から遅延損害金の話が出てきた場合も,必要に応じ,(これから発生する分はともかく,)これまでの期間については,履行の請求を受けていないから遅滞に陥っていないし,そもそも支払期限を延期する旨の合意があるから,やはり遅延損害金は発生しないというような説明をすることになると思います。また,利息や遅延損害金というのは,元本と異なり,いわばオマケの部分ですから,弁護士同士の交渉でも,通例,交渉段階ではカットして考えることが多いです。元本はきちんと支払うことを強調し,利息・遅延損害金等については,請求を控えてもらえるよう,粘り強く交渉してみるとよいと思います。

2018年04月26日 23時25分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

現在約150万円の借り入れ、返済方法の相談及び、手続き依頼方法。

借金返済 2021年09月15日

現在約5件で約150万円ほどの借り入れが有り、9月末までに年金(1月17万円ほど)だけでは無理な状態です。なんとか9月末までに解決したく、身勝手ではございますが連絡をお待ち致します。 ※月年金約17万円のうち、返済に回せる分は約6万円...

任意整理をしたいが、昨年に別件で個人再生をしている場合。

借金返済 2021年08月22日

20年ほど前に親族が支援してくれたお金(借用証明書として、返済額や期日など返済については記載のないもの)について、その親族と2018年にちょっとしたことがきっかけで口論になり、この時のお金を一括返済しろ、と請求されるようになりました。...

別居中の妻から600万の返済をしてもらうにはどうしたら良いでしょうか。

借金返済 2021年08月19日

妻が結婚する前に芸能関係の仕事を少ししていたこともあり、イベント会社を立ち上げ仕事をするから、 家族カードで支払いするけど2~3か月我慢して欲しい。 すぐに使った分は回収できるからと、毎月数十万の金額を使っていました。 毎月多額の返済...

債権回収を成功させるための預金の差し押さえのタイミングについて教えてください。

借金返済 2021年07月21日

債務者に対して300万円の金銭を貸付けています(公正証書にて弁済契約)。期限の利益の喪失は、返済額の不足が15万円に達した時です。 今月中に支払がない場合は15万円に達しますので、強制執行の対象となります。債務者の財産は、給与が振り込...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する