離婚無効と結婚の取り消しが同時におこった場合はどうすればいいでしょうか?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年12月03日 19時45分

 夫が11年前に前妻と離婚届を提出していました。その約1年後に私と結婚し、その後10年が経ちました。ところが、今になって離婚届は夫が勝手に偽造して提出したもので、前妻が裁判を起こすと弁護士から連絡が来ました。
 この場合、離婚無効と結婚取り消しになるのでしょうか?その場合、現在の妻(私)と、私の子供はどうなるのでしょうか?



(30代:女性)

匿名弁護士

 離婚が有効に成立するには、離婚届の提出時に夫婦の離婚する意思が必要です。そのため、一方が無断で離婚届を提出した場合、他方が追認しない限り無効となります(民法763条764条739条)。

 このようなケースでは、無効を認めたくない側(今回のケースでは前妻)が、離婚の無効確認の調停を家庭裁判所に申し立てます。

 ただ、それだけでは、ご相談者様と旦那様との間の婚姻関係が残ってしまうので、あわせて婚姻取り消しの調停も家庭裁判所に申し立てます(民法743条)。いわゆる当事者の話し合いを意味する調停で問題が解決しない場合は、裁判となり、裁判所が様々な事情を踏まえつつ、婚姻の無効と離婚の無効について判断することとなります。



 前妻が弁護士を頼っているという事情がありますので、おそらくは上記の2つを同時に行うものと思われます。そして、ご相談者様とお子様がいらっしゃる事情を考えれば、当然調停では解決しないものと思われますので、裁判になると思われます。

 裁判になった場合、離婚の無効、ならびにご相談者様との婚姻の無効という判断がなされる可能性があります。

 この場合、まずご相談者様は、法律的には「そもそも結婚していなかった」という立場になります。そのため、お子様は法律上「非嫡出子」という扱いになり、旦那様との父子関係も否定されます(民法772条参照。嫡出推定は有効な婚姻を前提としています)。

 したがって、仮に旦那様が亡くなった場合、資産を相続することもできないなどのデメリットが生じることになります。そのため、仮に婚姻と離婚の両方が無効となれば、旦那様にお子さんを認知してもらって父子関係を維持することになります(民法779条784条)。



 対応方法としては、仮に裁判に発展した場合、無効な離婚届に対して前妻の「追認」があったと主張していくことになります。追認とは、離婚届の提出時は離婚の意思はなかったものの、その後にそれを認めることです。例えば、今回のケースでは、「無効な離婚届の提出後、10年以上それを放置しており、実質的に追認があった」などの主張をするものと思われます。追認があれば、離婚届は有効なものとして扱われ、現在の相談者との婚姻も有効なものとされることになります。



 このように、対応によってはご相談者様とお子様の立場に大きな変化が訪れることになります。加えて、裁判に発展する見通しがあり、しかも、相手方が既に弁護士を立てているとの事情を考えれば、早急に弁護士に依頼し、具体的な対応策を練られることを強くおすすめいたします。

2014年12月03日 19時45分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

元彼女に騙されたので、元彼女との間に出来た子供の認知しないことは出来ないか?認知することになった場合に養育費を下げることは出来ないか?

認知 2017年12月06日

去年の9月に元彼女に別れ話をした時に彼女から妊娠しているので別れたくない、産みたいと言われました。 自分は彼女の浮気と疑われる行動や援助交際(本人曰く客と女のパイプ役しかしていない)で警察に捕まったことが分かり、一緒にいることは無理だ...

養育費&子供の強制認知についておしえてください

認知 2017年11月27日

元彼女との間に子供が出来た時に婚約も子供の認知も元彼女とその両親からも拒否されてきて、しばらく子供と元彼女とは住んで居たものの、浮気もされていたし、今思えば自分の子供なのかも不安に思って居ます。 ですが、今年子持ちの女性と結婚をして、...

未成年で妊娠。彼の両親は弁護士をつけると言っていましたが、これからどのような事がおきるのでしょうか?

認知 2017年11月17日

はじめまして。 未成年で妊娠しました。 相手も未成年ですが働いています。 相手も産んでくれと言ってくれました。 ところが、数日後おろしてくれと言われました。 母に相談したところ理解してくれました。 私はこの子を産むつもりです。 母が相...

友人(女性)の元恋人が、独身と嘘をついて、結婚の約束をし彼女を妊娠させたのに逃げた上に認知を拒んでいる、認知させるには、どうすれば良いか?

認知 2017年11月16日

友人の事についての相談です。彼女はフィリピン国籍の38歳です。彼女は、昔の恋人(既婚者であるが、彼女は当時離婚していると聞いていて独身と思っていた)と結婚の約束をし、子供を作ろうかと言う話になり、子供を妊娠したが、その恋人は、妊娠をす...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

認知に強い弁護士

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

「親身な相談」と「適切な解決」を心がけ、全力で皆様のお悩みを解決できるよう努めております。問題解決に向けて丁寧...

【相談料無料】【土日祝・平日夜間も対応可】【アクセス抜群】

【新小岩駅徒歩1分】【初回相談無料・当日・夜間・電話相談可】 【弁護士による時間無制限の無料カウンセリング実施...

【初回法律相談無料】 皆さまお一人お一人にあった,最適な解決をご案内します。まずはお気軽にご相談ください。

【初回相談無料】【JR関内駅より3分】【みなとみらい線日本大通り駅より5分】迅速で透明性があり、親切・丁寧なリ...

ページ
トップへ