臨終に婚姻 偽造

User image 1 lu_21ad087cさん 2019年05月29日 11時26分

私の友人の話です。末期胃ガンで昨年11月30日他界しました。彼はバツイチで先妻と中3の男の子ありですが、先妻が未練がましく、13年前の離婚も調停まで持ち込まれました。そして、今回恐ろしいことに彼が亡くなる前日先妻は婚姻届を勝手に出し婿養子にして先妻の姓にされてしまいました。それも酸素マスクして意識ない状態の彼にペン持たせて無理矢理入籍届けはんこ押し、あきらかに字が震えて本人の字でなかったそうです。一度不受理のところ、病院の医師に頼み、薬で数時間持たせて再度受理されるの間に合うよう先妻が工作していたと。先妻はまわりにほとんど毎日看病に来ていると言ったそうですが、実際彼の看病することほとんどなく、私が度々看病しに行きました。先妻が訪れた形跡なくあきらかに嘘でした。彼はもうこれ以上何も背負うものなんてないし、何も背負いたくもないんだと私に泣きながら訴えていましたので、彼が婚姻の意思なかったことは明らかです。婚姻届け偽造し、自分の都合の良いようにして、平気な顔してそのまま居ることに憤りを感じ、彼の無念を晴らすためにはどうすればよいでしょうか?葬儀は彼のお父さんが喪主で、彼の実家として見送りましたので何かしら裏がありそうで。先妻と子供も参列し喪主の隣で目立つように必死の様子で、イベントのスタッフのようにはしゃいでいましたので、正直彼の死を何と思っているのか、先妻からは悲しみなど微塵も感じられず、葬儀当日怒りがこみ上げていたのを思い出します。また、10月6日に勝手に分骨すると意気込んでいるそうです。本当に今とはなっては彼が戻ってこないのを良い事に、彼がかわいそうで仕方ありません。どうか専門家の方のご意見をお願いしたく、今回思いを吐露させて頂きました。どうかお力をお貸しください。宜しくお願い致します。

注力分野
離婚・男女 親子・家庭 民事・その他 企業法務 犯罪・刑事事件

こんにちは。

婚姻無効確認訴訟を起こすという方法がありえます。
この訴訟は起こすことができる人は「婚姻無効を確認する利益がある第三者」とされているので、もしかすると、ご両親であれば、相続の問題を理由に訴訟を起こすことができるかもしれません。

ただ、正直なところ、これ以外に有効な方法があるわけではありません。
勝手に婚姻届けを出したということであれば文書偽造で告訴するということも可能ですが(告訴状が受理されるかどうかは別として)、本人が一応自分の手で書いたということであれば、それも困難というほかないでしょう。

参考になれば幸いです。

2019年05月29日 11時45分

婚姻の意思がなかったことを立証するのは大変でしょう。
意思能力がほとんどなければ別ですが。
医師もいたようですし。
つぎに、訴えの利益がないと訴えられませんので、先妻が
いなければ、相続ができた人が、訴えの利益があるので、
たとえば、親などが、争ってくれるかどうかですね。

2019年05月29日 14時09分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

有責配偶者からの離婚請求であるが、別居期間10年で離婚は可能でしょうか?

調停・審判・裁判など 2020年11月22日

有責配偶者からの離婚請求ですが、配偶者が離婚に応じてくれません。現状は以下の通りです。 <経緯> 2004年に婚姻し、7年後に別居。配偶者との間に子供はおりません。別居前に別の女性との交際があったが、その後別れました。別居後に知り合っ...

離婚調停の資料について

調停・審判・裁判など 2020年11月04日

もうすぐ婚姻費用と夫婦関係の離婚調停です。 夫の給与明細やボーナス、通帳や銀行カードを離婚前の同棲していたころに写真を撮っておきました。 そちらを調停の第一回目で資料として出すには良くないでしょうか? 相手は必ず給与明細やボーナスなど...

陳述書と児童手当の不正受給について

調停・審判・裁判など 2020年10月27日

11月に婚姻費用と夫婦関係について離婚調停をするのですが、陳述書(主に今まで相手にされてきたことの報告)は別々に書いたほうが宜しいのでしょうか? 子供の手当が相手に振り込まれていて不正受給なのですがそれを陳述書に記入したらこちらにまる...

心身障害の妻と離婚 別居期間もある状態

調停・審判・裁判など 2020年10月19日

現在、妻に対して離婚を申し立て、調停では不調となり現在裁判を訴訟し進めている状態です。妻は心身障害を理由に働かず、専業主婦であるにも関わらず家事も私がいるとろくに行わず、平日子供を学校に送り出す準備があるにも関わらず、起きてこず朝の家...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する