彼女が無理矢理男にキスをされました、相手に対して損害賠償をしようと思うのですが。。

User image 1 Nazmul0120さん 2016年10月31日 12時31分

先日彼女が大学関係で、寮に合宿をした際、酔っぱらった男(18)に無理矢理キスをされました。
彼女はお酒は飲んでいませんでした。
人のいない廊下で絡まれ、キスされたそうです。
その場で抵抗は怖くてできなかったそうです。
相手の男は犯行は認めているそうです。
酔っていたとはいえ、許されないことだと思います。

彼女も相手に反省してもらおうと警察に被害届けを出しました。
男は在宅起訴?となり、審判を受けることになるそうです。
相手は初犯でたいした罪にはならないかもと言われたそうです。

そこで、彼女は民事裁判にて訴訟を起こそうかと考えているそうです。
キスだけとはいえ立派な犯罪行為ですし、好意を持っていない男にそのような行為をされたことで、嫌な思いをしたからです。

弁護士に依頼して訴訟をすると、弁護士費用などがかかりこちらがお金を多く払う結果になってしまうかも。と友人に言われました。

キスをされただけでは多くの慰謝料を請求するのは無謀でしょうか?
法外な慰謝料請求をする気はないです、少しでも今回の件を反省し二度とこのようなことをしないようにと釘を打っておきたいです。

彼女や自分の経済状況だとたくさんの出費はかなり厳しいです。

お手数ですがお答え頂けると嬉しいです。

キスの内容にもよりけりだと思いますが、概ね30万円前後の慰謝料だろうと思います。

強制わいせつ罪での在宅起訴ということだと思いますが、おそらく相手方には弁護人がつくでしょうし、その弁護人から示談の申し入れがあるのではないかと思います。
こちらからわざわざ民事訴訟を起こさなくても、その弁護人からの示談の申し入れを通して、慰謝料を頂いたらいかがでしょうか。

その弁護人からの示談の申入額が出た段階で、法律相談をされ、アドバイスを受けながら慰謝料をいただければ、ほぼこちら側の出費はなくなるものと思います。

2016年12月26日 09時10分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

離婚調停を行おうとしています。

調停・審判・裁判など 2017年12月26日

現在、私にはクレジットカードとその引き落とし用の銀行カードしか持っておらず、給与の振込口座やその他預貯金全ては妻が管理しています。 どれだけの預貯金があるか全然分からない状況で財産分与の話になった場合、妻が貯金などないと言い張った場合...

有責配偶者からの調停申し立て

調停・審判・裁判など 2017年12月24日

不貞をした別居中の夫から調停を申し立てられました。夫は不貞を認めており、最近まで慰謝料交渉中でしたが、私が相手方の提示額を突っぱねた結果です。 申立の趣旨としては離婚(その他慰謝料等の記載は一切なし)のみで、動機は「性格の不一致」「性...

離婚調停を申し立てる旨の通知書が届きました。調停の前の心構えとしてどの様に対応すれば宜しいでしょうか。

調停・審判・裁判など 2017年12月21日

妻がDVを理由に警察に保護を求め、家を出ました。 置手紙があり離婚を望んでいる事、子供は自分が育てる事が書かれていました。 後日、代理人の弁護士から調停を申し立てる旨の通知書が届きました。 扶養家族から子供を削除する事、妻・子供、妻方...

元夫から面会交渉の調停を起こされ、裁判所から案内がありました。自分だけで進めるべきか、弁護士さんをつけるべきか悩んでいます。

調停・審判・裁判など 2017年12月19日

元夫から面会交渉の調停を起こされ、裁判所から案内がありました。 自分だけで進めるべきか、弁護士さんをつけるべきか悩んでいます。 2年半前に離婚 息子5歳 毎週日曜に面会していた 11月に保育園の行事などが重なり、あちらは日曜しか会えな...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

調停・審判・裁判などに強い弁護士

【税理士・司法書士・行政書士・社会保険労務士と連携】解決内容を納得していただけるようなご説明と打ち合わせを心が...

【初回法律相談無料】常にご依頼者様の立場で考え、最善の解決に向けて一緒に粘り強く取り組みます。一人で悩まずどん...

【初回法律相談無料】 皆さまお一人お一人にあった,最適な解決をご案内します。まずはお気軽にご相談ください。

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

お話をじっくりと伺い,難しい法律用語を使わずにわかりやすくご案内します。

企業法務から、男女間のトラブルまで、他の弁護士がちょっと受任をためらうような困難な案件であっても、そこに「正義...

ページ
トップへ