有責配偶者からの離婚請求であるが、別居期間10年で離婚は可能でしょうか?

User image 1 lu_b64a18d4さん 2020年11月22日 16時32分

有責配偶者からの離婚請求ですが、配偶者が離婚に応じてくれません。現状は以下の通りです。
<経緯>
2004年に婚姻し、7年後に別居。配偶者との間に子供はおりません。別居前に別の女性との交際があったが、その後別れました。別居後に知り合った相手との間に2人の子供をもうけてます(認知はしていない)。
5年前に離婚調停、裁判を起こしましたが、有責配偶者からの離婚請求であるということと、配偶者が女性特有の病気によりフルタイムで仕事ができないことから相手方配偶者が精神的・社会的・経済的に極めて苛酷な状態に置かれるということで離婚請求は棄却。控訴しましたが高等裁判所でも請求棄却となり現在に至ります。
<現状>
別居は私名義のマンションから私が出ていったのですが、配偶者はそのマンションに住み続けておりローンは私が払い続けています。もし売却したらローンは完済できる状況です。配偶者は時間に融通の利くパートで月5万円ほどの収入があります。婚姻費用として13万円を支払っており、ローン含め総額で30万以上の支払いを続けています。
<お聞きしたいこと>
(1)女性特有の病気でも働いている人もたくさんいるなかで、治療もせずただ就業に困難という診断書一つで経済的に過酷な状況と判断されるものなのでしょうか?フルタイムでも働くことが出来る、または治療すれば働けるのにそれをしていないという指摘は出来ないのでしょうか?
(2)自分の資産であっても自分で自由にならないマンションのローンを払い続けることに抵抗を感じております。マンションの売却は離婚して財産分与が明確になった段階でしかできない、と複数の弁護士に言われましたが、離婚前にマンションの売却は本当にできないのでしょうか?マンションの売却は今すぐにでもしてしまいたいです。
(3)有責配偶者からの離婚請求ということで一度裁判所から請求を棄却されました。相手が病気であるということと私が有責配偶者であるということから離婚請求が認められませんでしたが、別居期間が10年程度という長さで離婚が認められる可能性はありますでしょうか?

弁護士や親せきを通じて話し合いを何度も試みましたが、離婚に向けての話しかしない相手とは話をしたくないと電話、メール、手紙のすべてに関してコンタクトが取れません。
離婚するのが一番の願いですが、金銭面でも苦しいため子供の生活を考えるとマンションの売却を至急行いたいです。

みなさまからの回答、よろしくお願いします。

もう一度調停の申し立てから始めてみるといいでしょう。
高裁で棄却されてから何年たちましたかね。
5年くらいたっているといいでしょうね。
売却は可能ですが、居住していると、買い手がつかないし、
離婚前だと、離婚に不利になりますね。
調停で離婚条件を出していったほうがいいでしょうね。

2020年11月22日 18時02分

マンションの売却は可能ですが、購入する人がいるのかという問題があります。
購入した方が奥様を退去させないと使用できませんし、引き渡しの直前に奥様が不動産を仮差し押さえする可能性もあります。
そうすると、買主が見つからないか、非常に安価で買いたたかれてしまいそうです。

2020年11月23日 12時50分

初めまして、弁護士の佐久間篤夫と申します。有責配偶者からの離婚請求に対しては子どもがいるような場合には消極的な判例がありますが、ご説明された事実関係に即して考えると不公平感を感じる状況ではありますね。
(1)女性特有の病気でも働いている人もたくさんいるなかで、治療もせずただ就業に困難という診断書一つで経済的に過酷な状況と判断されるものなのでしょうか?フルタイムでも働くことが出来る、または治療すれば働けるのにそれをしていないという指摘は出来ないのでしょうか?
ー>そのような指摘をされたいのであれば、医学文献などを探すことを考えられたらよいのではないでしょうか。妻の診断書が発行されたのは何年前ですか。その病気は不治の病であって治療や快癒の可能性はないのですか。こうした疑問を指摘することで先方に反論を迫る中で、単に婚姻費用をせびるだけの怠惰な妻という現実をあぶりだすことができる可能性もあるかもしれません。
(2)自分の資産であっても自分で自由にならないマンションのローンを払い続けることに抵抗を感じております。マンションの売却は離婚して財産分与が明確になった段階でしかできない、と複数の弁護士に言われましたが、離婚前にマンションの売却は本当にできないのでしょうか?マンションの売却は今すぐにでもしてしまいたいです。
ー>法的にはあなたの単独所有物件であるなら、売却をすることは可能です。ただ、あなた以外の居住者がいる状態で売りに出しても、買い手が自分で立ち退きを求める手間がかかるので買う人はいないか、相当低額でないと買い取ってもらえないのではないかと考えられます。
(3)有責配偶者からの離婚請求ということで一度裁判所から請求を棄却されました。相手が病気であるということと私が有責配偶者であるということから離婚請求が認められませんでしたが、別居期間が10年程度という長さで離婚が認められる可能性はありますでしょうか?
ー>裁判例などの詳細な分析は必要だと思いますが、改めて離婚を求めて手続を始めてみるのもよいかもしれません。それと、別居後に知り合った相手との間に子どもが2人いるとのことですが、正式に認知をすることで子どもに対する扶養義務が発生するので、妻に対して支払うべき婚姻費用の計算額が少なくなるはずです。もっとも、離婚前にできた婚外子の存在を明かすことはそれによる婚姻関係破綻をもたらしたとして慰謝料請求の根拠となり得ますが、婚姻関係破綻後の関係であれば因果関係がないとの反論の余地もあるかもしれません。

2020年11月27日 21時15分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

離婚調停の資料について

調停・審判・裁判など 2020年11月04日

もうすぐ婚姻費用と夫婦関係の離婚調停です。 夫の給与明細やボーナス、通帳や銀行カードを離婚前の同棲していたころに写真を撮っておきました。 そちらを調停の第一回目で資料として出すには良くないでしょうか? 相手は必ず給与明細やボーナスなど...

陳述書と児童手当の不正受給について

調停・審判・裁判など 2020年10月27日

11月に婚姻費用と夫婦関係について離婚調停をするのですが、陳述書(主に今まで相手にされてきたことの報告)は別々に書いたほうが宜しいのでしょうか? 子供の手当が相手に振り込まれていて不正受給なのですがそれを陳述書に記入したらこちらにまる...

心身障害の妻と離婚 別居期間もある状態

調停・審判・裁判など 2020年10月19日

現在、妻に対して離婚を申し立て、調停では不調となり現在裁判を訴訟し進めている状態です。妻は心身障害を理由に働かず、専業主婦であるにも関わらず家事も私がいるとろくに行わず、平日子供を学校に送り出す準備があるにも関わらず、起きてこず朝の家...

元彼から付き合っていた時に私に使ったお金を返せとしつこくLINEが来ます。

調停・審判・裁判など 2020年09月30日

はじめまして。19歳で会社員のものです。 1ヶ月ほど付き合っていた元彼から付き合っていた時に私に使っていたお金を返せと言われています。その元彼とは同じ会社です。どんな内訳でそんな金額になるのかは分からないのですが、50万円請求されまし...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する