社会的地位のある男性へのプレゼント返却義務について

User image 1 lu_10785c06さん 2021年11月05日 06時14分

ある独身男性から時計を二つプレゼントされました。小売価格で総額150万ほどになります。身体の関係はありましたが、付き合って欲しいと言われたことはありません。ちなみに5、6年前に付き合っていた元カレでもあります。

数ヶ月前に連絡を遮断してから、つい先日「時計を返して欲しい、事を大きくしたくない」と連絡がありました。
ちなみに当時のLINEを遡ってみたところ、「欲しいのあればプレゼントするよ!」という男性のメッセージがありましたので、証拠として保存しております。

同じように悩まれてる方への弁護士先生の回答として、プレゼントされたものは民法550条により返す必要はないということがわかりました。
ただ内容証明で連絡され、任意で返却をしない場合には返還を求めて民事訴訟や民事調停を申し立てられたりするのではないでしょうか?
また、内容証明に損害賠償請求の記載があったり、返還請求後にも所有していることになり、横領罪として警察被害届けを出されたりしませんか?

いずれにしても、この男性は中小企業の経営者で顧問弁護士がついているため、あらゆる手段に訴えることができます。
男性の性格もしたたかで、交際中も自分の実家や会社名は一切明らかにせず、疑い深くストーカー的な素質のある手強い人物です。

ご教示ください。
よろしくお願いいたします。

その弁護士の回答どおりでいいです。
訴訟も、調停も、横領で被害届もないですね。
ストーカー気質のため、これからもおどしてくるかもしれません。
関わるのが面倒なら、あなたも弁護士を付けるといいでしょう。

2021年11月05日 10時44分
補足質問
User image 1

lu_10785c06 - 2021年11月06日 10時37分

お世話になります。
ご回答いただきありがとうございます。
今後のことを考えると関係を遮断したいので、時計は返却するつもりです。
追加で質問です。
時計を発送したという連絡を入れた段階で、着信拒否などをして、つながりを切るつもりです。
ただ相手方に時計が届き、時計が壊れてもいないのに壊れたと言われ、何かしらの手段に訴えてくる場合もなきにしもあらずです。
この場合に備えて、どのような対策を取れば良いのでしょうか?
指定のヤマト便できちんと梱包して送る予定です。

よろしくお願いいたします。
補足回答
Resized avatar mini magick20201222 1409 1oggtpt

内藤 政信 弁護士 - 2021年11月07日 08時38分

そのような相手には何を言っても、やっても無駄です。
言いがかりをつけたいだけですから。
終わります。
注力分野
借金・債務整理 相続 不動産・建築 離婚・男女 企業法務

 ご相談の文面を拝読する限りでは、相談者への贈与であり、返還の義務はありません。しかし相手方が費用をかけて、訴訟なり調停なりを申し立てる事がないとは言えません。
 請求に根拠がないとしても、もし訴訟を申し立てられたときは、弁護士に依頼して対応してください。弁護士に依頼しないときには、かならずご本人が通知の期日に裁判所に行って根拠のないことを答弁してください。弁護士に依頼する場合には、費用がかかりますが、法テラスの制度を使えば、経済的負担が軽くなります。
 損害賠償請求は、民事事件ですので横領罪とは無関係ですし、内容証明により、損害賠償なり返還を請求したからといって所有権が戻ることはなく、横領罪は成立しません。警察被害届を受け付けることはありません。
 不当な要求が続くようでしたら、弁護士に対応を依頼してください。相談者の方から、不当要求である旨の回答を弁護士より内容証明にて送れば、解決することがよくあります。

2021年11月05日 11時47分
補足質問
User image 1

lu_10785c06 - 2021年11月06日 10時38分

お世話になります。 ご回答いただきありがとうございます。 今後のことを考えると関係を遮断したいので、時計は返却するつもりです。 追加で質問です。 時計を発送したという連絡を入れた段階で、着信拒否などをして、つながりを切るつもりです。 ただ相手方に時計が届き、時計が壊れてもいないのに壊れたと言われ、何かしらの手段に訴えてくる場合もなきにしもあらずです。 この場合に備えて、どのような対策を取れば良いのでしょうか? 指定のヤマト便できちんと梱包して送る予定です。 よろしくお願いいたします。
補足回答
Resized avatar mini magick20210128 1441 1aipm4c

森田 和明 弁護士 - 2021年11月08日 10時40分

法律論としては、まずは返還を拒絶すべきです。紛争に巻き込まれることを心配されるならば、弁護士に対応を依頼してください。弁護士より、拒否の回答書を出してもらうか、相手方からの提案を聞き出して解決に進むか、さらに返却する場合にも、今後問題にならないような書面を作成した上で返還を行うべきです。
注力分野
離婚・男女 犯罪・刑事事件 不動産・建築 相続 企業法務

ご相談内容を拝見いたしました。

相手方が裁判を起こすなどして返還を求めてくる可能性もなきにしもあらずですが、LINEメッセージの証拠が存在するとのことですので、贈与を受けたものとして返還義務がないと認定される可能性が高いかと思います。
また、もしプレゼントが肉体関係の対価であったなら、違法な売春契約に基づく交付物であるとして、相手方の返還請求が封じられる可能性もあります。

したがって、特に犯罪に該当するということもないと思われるので、返還義務がない旨を相手に伝えるなど毅然と対応して良いかと思います。

あとは、事実上ストーカー行為に及んできたりするリスクがあるかもしれませんので、お早めに警察や弁護士に相談をして警告をしてもらうなど、関係遮断のための方策を考えることも重要かと思います。

2021年11月05日 15時22分
注力分野
相続 離婚・男女 犯罪・刑事事件 不動産・建築 学校・教育

・ 内容証明で連絡され、任意で返却をしない場合には返還を求めて民事訴訟や民事調停を申し立てられたりするのではないでしょうか?

→ 贈与を受けた物は、返す必要はありません。
法律上返還が認められないものであれば、いくら訴訟をしても同じです。

もらったものだとして、返還を拒絶し続けるのがよいです。

・ また、内容証明に損害賠償請求の記載があったり、返還請求後にも所有していることになり、横領罪として警察被害届けを出されたりしませんか?

→ 横領は、他人の所有物だと認識しながら、所有者にしかできない行為をした場合に成立します。
時計はあなたがもらった物であり、自分の所有物として持っている物ですので、他人の所有物だという事実も認識もないことになるため、横領にはなりません。

2021年11月06日 17時25分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

離婚調停

調停・審判・裁判など 2021年07月22日

会社の廃棄予定の物をゴミ箱から持ち帰りネットにて販売をした事が会社に分かり、退職勧奨により自己都合扱いにて務めていた会社を退職致しました。 それが引き金となり妻から離婚申立をされ来月より離婚調停が始まります。 離婚の理由として挙げられ...

離婚調停中の解決金を支払いたくなく、これで埒が明かない場合は調停不成立にして次のステップに進みたいです。

調停・審判・裁判など 2021年04月13日

現在、離婚調停を行っております。 過去に何度かご相談させていただきました者です。 ご質問内容 離婚調停の相手方となっているにも関わらず解決金を支払うものかをお聞きしたいです。 2回目で状況が変わらない場合はそこで不成立と宣言しても大丈...

離婚調停中の離縁調停及び認知無効調停の申立について

調停・審判・裁判など 2021年04月12日

現在、離婚調停を行っております。 1回目の調停で嫁側(弁護士あり)から突然の慰謝料150万円の請求があり、それは払えないと断ったので、2回目の調停が予定されました。ちなみに申立の理由は性格の不一致と精神虐待で請求は離婚する、子の親権だ...

婚姻費用は後からまとめて請求されますか?慰謝料は絶対に払わないといけませんか?

調停・審判・裁判など 2021年04月09日

私は2回目の結婚で妻と子供3人(養子縁組)の家族構成となります。 2020年11月4日に妻と出会い、同年12月1日に結婚、2021年1月23日に別居です。その後、調停申立通知が届いて、2021年4月8日に調停1回目を迎えました。申立書...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する