公正証書の内容を公証人はチェックしてくれるの?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年05月19日 02時28分

 息子が、離婚する事になり、嫁が、公正証書を作ることになりました。公証人さんは、嫁が払えないぐらいの慰謝料、養育費を提示しても、きちんと息子の給料とかで、計算してくれますか?



(50代:女性)

匿名弁護士

     (協議)離婚に際して作成する公正証書は、離婚後の約束事(財産分与、慰謝料、養育費、面接交渉に関する事項等)を公証人が書証として作成するというものです。



     実際の手続としては、事前に夫婦がお互いに話し合った上で離婚協議書を作成し、それを公証人役場に持参すると、公証人が内容を確認し、必要に応じて修正や削除の指示をします。必要な修正を行い、法律上問題ないものになると、公証人ができあがった離婚協議書を元に公正証書を作成してくれます。



     公証人は法令に違反した事項や無効な法律行為について公証することはできないため(公証人法26条)、公証人は法律上問題のある事項については修正や削除の指示をしますが、内容が妥当であるかどうかについては判断できません。したがって、離婚の際の公正証書作成にあたり慰謝料や養育費の金額を決定することはありませんし、仮に慰謝料等の金額が高額であっても修正することもありません。

     ですので、ぜひ事前によく話し合った上で離婚協議書を作成されておくことをお勧めします。



     また、公正証書の作成時には両当事者(もしくはその代理人)の立会いが必要で、両者が内容を確認後、署名捺印する必要があります(公証人法39条)。公正証書は強い証明力を有するため、一方当事者だけで勝手に作れないようにしてあるのです。したがって、公正証書の内容に納得がいかないのであれば押印をしないということも可能です。

     相談者の息子さんが仕事などで公証人役場に行くことができない場合には、委任状を作成し相談者がお嫁さんと公証人役場に行かれるといいでしょう。その際には、息子さんが委任状と委任状に押印された印影の印鑑証明書を相談者に渡しておく必要があります。



     なお、「お金の貸し借りをめぐるトラブル」内にある「公正証書とは」も参考になりますので是非ご覧ください。

2015年05月19日 02時28分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

婚姻費用、慰謝料の支払いの差し押さえ請求

調停・審判・裁判など 2017年07月10日

今年に離婚裁判で慰謝料が決定されて、相手方は数週間以内に支払うといってきましたが、未だに支払われていません。また、婚姻費用も同様支払ってもらっておりません。 それなので、弁護士にも報酬金を払うことができない状態でおります。 慰謝料は、...

婚姻費用の審判

調停・審判・裁判など 2017年06月06日

婚姻費用の調停が不成立に終わり審判になります。 夫名義のマンションに私一人で住み、夫が住宅ローンの支払いを拒否した為、 私が婚姻費用の中から支払う事を調停でも話したのですが、 私が、銀行の連帯保証人ではない為、銀行が私が支払う事を認め...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

調停・審判・裁判などに強い弁護士

お客様一人一人にあった解決方法をご提案します

【初回法律相談無料】解決に向けた最良の選択をサポート致します。

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

相談したくなる弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

ページ
トップへ