公正証書の内容を公証人はチェックしてくれるの?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年05月19日 02時28分

 息子が、離婚する事になり、嫁が、公正証書を作ることになりました。公証人さんは、嫁が払えないぐらいの慰謝料、養育費を提示しても、きちんと息子の給料とかで、計算してくれますか?



(50代:女性)

匿名弁護士

 (協議)離婚に際して作成する公正証書は、離婚後の約束事(財産分与、慰謝料、養育費、面接交渉に関する事項等)を公証人が書証として作成するというものです。



 実際の手続としては、事前に夫婦がお互いに話し合った上で離婚協議書を作成し、それを公証人役場に持参すると、公証人が内容を確認し、必要に応じて修正や削除の指示をします。必要な修正を行い、法律上問題ないものになると、公証人ができあがった離婚協議書を元に公正証書を作成してくれます。



 公証人は法令に違反した事項や無効な法律行為について公証することはできないため(公証人法26条)、公証人は法律上問題のある事項については修正や削除の指示をしますが、内容が妥当であるかどうかについては判断できません。したがって、離婚の際の公正証書作成にあたり慰謝料や養育費の金額を決定することはありませんし、仮に慰謝料等の金額が高額であっても修正することもありません。

 ですので、ぜひ事前によく話し合った上で離婚協議書を作成されておくことをお勧めします。



 また、公正証書の作成時には両当事者(もしくはその代理人)の立会いが必要で、両者が内容を確認後、署名捺印する必要があります(公証人法39条)。公正証書は強い証明力を有するため、一方当事者だけで勝手に作れないようにしてあるのです。したがって、公正証書の内容に納得がいかないのであれば押印をしないということも可能です。

 相談者の息子さんが仕事などで公証人役場に行くことができない場合には、委任状を作成し相談者がお嫁さんと公証人役場に行かれるといいでしょう。その際には、息子さんが委任状と委任状に押印された印影の印鑑証明書を相談者に渡しておく必要があります。



 なお、「お金の貸し借りをめぐるトラブル」内にある「公正証書とは」も参考になりますので是非ご覧ください。

2015年05月19日 02時28分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

離婚調停を行おうとしています。

調停・審判・裁判など 2017年12月26日

現在、私にはクレジットカードとその引き落とし用の銀行カードしか持っておらず、給与の振込口座やその他預貯金全ては妻が管理しています。 どれだけの預貯金があるか全然分からない状況で財産分与の話になった場合、妻が貯金などないと言い張った場合...

有責配偶者からの調停申し立て

調停・審判・裁判など 2017年12月24日

不貞をした別居中の夫から調停を申し立てられました。夫は不貞を認めており、最近まで慰謝料交渉中でしたが、私が相手方の提示額を突っぱねた結果です。 申立の趣旨としては離婚(その他慰謝料等の記載は一切なし)のみで、動機は「性格の不一致」「性...

離婚調停を申し立てる旨の通知書が届きました。調停の前の心構えとしてどの様に対応すれば宜しいでしょうか。

調停・審判・裁判など 2017年12月21日

妻がDVを理由に警察に保護を求め、家を出ました。 置手紙があり離婚を望んでいる事、子供は自分が育てる事が書かれていました。 後日、代理人の弁護士から調停を申し立てる旨の通知書が届きました。 扶養家族から子供を削除する事、妻・子供、妻方...

元夫から面会交渉の調停を起こされ、裁判所から案内がありました。自分だけで進めるべきか、弁護士さんをつけるべきか悩んでいます。

調停・審判・裁判など 2017年12月19日

元夫から面会交渉の調停を起こされ、裁判所から案内がありました。 自分だけで進めるべきか、弁護士さんをつけるべきか悩んでいます。 2年半前に離婚 息子5歳 毎週日曜に面会していた 11月に保育園の行事などが重なり、あちらは日曜しか会えな...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

調停・審判・裁判などに強い弁護士

どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。弁護士があなたのお悩みを解決します。

【初回法律相談無料】解決に向けた最良の選択をサポート致します。

【相談料無料】【土日祝・平日夜間も対応可】【アクセス抜群】

【初回法律相談30分無料】【完全個室相談】【泉佐野駅徒歩1分】しっかりとお話を伺い、ご依頼者様にとって最適な解...

【北千住駅徒歩5分】【初回相談無料】【弁護士直通】【平日夜間・土日対応可能】【千葉、埼玉からも好アクセス】依頼...

【初回相談は1時間無料です】お客様にとっての最善策を追求します

ページ
トップへ