離婚届提出前に付き合い始めた女性を妻が訴えた!

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時11分

 3年程前から、妻と様々な面で価値観にズレが生じ初め、ついに離婚を決意。妻も承諾し、離婚することになりました。
 離婚届はまだ出していませんでしたが、家に帰るのも苦痛だったため、知人女性に離婚後のことなどを相談するうちに男女の仲になりました。
 今年、彼女のことを知った妻が彼女に対し訴えを起こしたため、やむを得ず彼女と連絡を絶っています。妻はまだ離婚届にサインしてくれません。
 しかし、私には諦めることができません。このまま仮面をかぶったまま妻と一生過ごすなんて、考えることもできません。これからどうすればいいのでしょうか?

(30代:男性)

匿名弁護士

 協議離婚は、夫婦間の話し合い(協議)で離婚することについて同意し、離婚届を提出することによって成立します(民法764条739条)。
 したがって、離婚届を出していないあなた方は、法律上はまだ夫婦であり、夫婦であることによる法律上の権利を有し義務を負っています。貞操を守る義務もそのひとつです(民法770条1項1号参照)。
 しかし、あなた方の夫婦生活は3年前に破綻し、離婚の合意も成立していたというのですから、その後新しい伴侶を見つけることまで、法律は禁ずるものではありません。

 ただ、離婚の合意をみた時点で速やかに届を出しておかなかったという点、詰めが甘かったことは否定できないでしょう。意地になっている奥さんに判を押させるのは、今となっては容易でないかもしれません。
 とすれば、調停を申し立て、それでもまとまらなければ裁判によって離婚するしかありません。
 その際、奥さんはあなたの不貞を主張して離婚を拒むか、あるいは同じ理由によって慰謝料の請求に積極的な態度をとることが予想されます。
 それに対し、あなたは、意中の女性と関係ができたときにはすでに夫婦関係は破綻していたという「破綻の抗弁」を出すことによって相手の主張を封じることが可能です。
 ただし、その事実を立証する証拠は、あなたが揃えなければなりません。立証に失敗すれば敗訴、すなわち離婚が認められないことになります。

2014年01月07日 04時11分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

離婚調停を行おうとしています。

調停・審判・裁判など 2017年12月26日

現在、私にはクレジットカードとその引き落とし用の銀行カードしか持っておらず、給与の振込口座やその他預貯金全ては妻が管理しています。 どれだけの預貯金があるか全然分からない状況で財産分与の話になった場合、妻が貯金などないと言い張った場合...

有責配偶者からの調停申し立て

調停・審判・裁判など 2017年12月24日

不貞をした別居中の夫から調停を申し立てられました。夫は不貞を認めており、最近まで慰謝料交渉中でしたが、私が相手方の提示額を突っぱねた結果です。 申立の趣旨としては離婚(その他慰謝料等の記載は一切なし)のみで、動機は「性格の不一致」「性...

離婚調停を申し立てる旨の通知書が届きました。調停の前の心構えとしてどの様に対応すれば宜しいでしょうか。

調停・審判・裁判など 2017年12月21日

妻がDVを理由に警察に保護を求め、家を出ました。 置手紙があり離婚を望んでいる事、子供は自分が育てる事が書かれていました。 後日、代理人の弁護士から調停を申し立てる旨の通知書が届きました。 扶養家族から子供を削除する事、妻・子供、妻方...

元夫から面会交渉の調停を起こされ、裁判所から案内がありました。自分だけで進めるべきか、弁護士さんをつけるべきか悩んでいます。

調停・審判・裁判など 2017年12月19日

元夫から面会交渉の調停を起こされ、裁判所から案内がありました。 自分だけで進めるべきか、弁護士さんをつけるべきか悩んでいます。 2年半前に離婚 息子5歳 毎週日曜に面会していた 11月に保育園の行事などが重なり、あちらは日曜しか会えな...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

調停・審判・裁判などに強い弁護士

【初回相談無料】【夜間・休日対応可】【当日・電話相談可】じっくりとお話を伺います。まずはお気軽にお問い合わせく...

【京成本線堀切菖蒲園駅徒歩1分(葛飾区)】【 夜間・土曜祝の無料電話相談も可能 】【初回相談料無料/分割払い可...

【初回相談30分無料】ご依頼者様に寄り添い、最善の解決を目指して全力を尽くします。

【心理カウンセラー資格取得】あなたの気持ちに寄り添う弁護士です。元営業マンで、聞き上手な弁護士が、最良の解決を...

依頼者の不安を和らげ、「最後に笑っていただけること」をゴールに、戦略を練り、全力で業務にあたっています!

【初回法律相談無料】一人で悩まずご相談ください。全力で向き合い解決に導きます。

ページ
トップへ