虚偽の主張で離婚訴訟を起こす夫、損害賠償請求できない?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月22日 00時56分

 離婚調停を起こしましたが、財産分与の金額面で折り合わず、不成立になりました。ところが、今度は夫が離婚訴訟を起こしました。


 主張を読むと、よくも裁判に訴えたと思うような内容で、ことごとく嘘で固められています。以前から嫌がらせを受け、精神的にまいっている上に裁判まで起こされ、大変ショックを受けました。


 もし、裁判で私の主張が認められた場合、裁判を起こされたことによる苦痛の賠償を、慰謝料として請求できるでしょうか。



(50代:女性)

匿名弁護士

     訴訟を提起し、その主張として虚偽の内容を陳述することは、現実にはしばしば行われることです。
     何のためにそのような主張が行われるかというと、それは勝訴判決を得たいがために他なりません。では、そのためであれば虚偽の陳述も許されるのでしょうか。



     この点、民事訴訟法上、直接に当事者の真実義務を定めた規定はありません。しかし、209条(虚偽の陳述に対する過料)は当事者の真実義務を前提とした規定と解され、当事者には真実に基づいた陳述をする義務が認められると考えます。


     したがって、いくら裁判における終局目的を達成するためであっても、故意に虚偽の主張をすることは、真実義務に反し、許されません。



     では、真実義務に違反した場合、どのような制裁が考えられるでしょうか。そのような虚偽の主張を理由として、後日、何らかの損害賠償を求めることができるでしょうか。

     これについては、訴訟遅延の場合の訴訟費用の負担、他の陳述の信用性の低下などが考えられます。しかし、相手方当事者が精神的損害を負った場合の損害賠償義務までが含まれるかといえば、消極的に考えざるを得ないと思われます。

     ただし、法廷での証言が、それ自体不法行為と見られるような特別な場合には、別途不法行為責任を追及することも不可能ではないでしょう。

2015年07月22日 00時56分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

婚姻費用、慰謝料の支払いの差し押さえ請求

調停・審判・裁判など 2017年07月10日

今年に離婚裁判で慰謝料が決定されて、相手方は数週間以内に支払うといってきましたが、未だに支払われていません。また、婚姻費用も同様支払ってもらっておりません。 それなので、弁護士にも報酬金を払うことができない状態でおります。 慰謝料は、...

婚姻費用の審判

調停・審判・裁判など 2017年06月06日

婚姻費用の調停が不成立に終わり審判になります。 夫名義のマンションに私一人で住み、夫が住宅ローンの支払いを拒否した為、 私が婚姻費用の中から支払う事を調停でも話したのですが、 私が、銀行の連帯保証人ではない為、銀行が私が支払う事を認め...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

調停・審判・裁判などに強い弁護士

【初回法律相談無料】解決に向けた最良の選択をサポート致します。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

まずは,お気軽にご相談ください。

【阪急梅田徒歩3分】【初回相談無料】【離婚・不倫に強い】【女性弁護士が親身に対応】お気軽にお電話でご予約ください。

じっくりとお話をうかがい“最適な解決”をご提案します。

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

ページ
トップへ