離婚を拒否する妻に対してどういう方法がとれる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年04月21日 20時14分

 現在交際相手には妻がいます。

 妻は私たちの交際も知っているようです。

 彼が妻に離婚を申し出ましたが、妻は絶対に別れないと言っています。

 何度も試みていますがいっこうに受け入れてもらえず話が進みません。

 どうすれば離婚できますか?



(20代:女性)

匿名弁護士

     離婚の方法としては、(1)協議離婚、(2)調停離婚・審判離婚、(3)裁判離婚があります。



     まず、(1)協議離婚について見てみましょう。

     民法は763条で「夫婦は、その協議で、離婚をすることができる」と規定し、離婚の合意が成立すれば、裁判所などの公的機関の関与を要せずに、届出のみで離婚できます。つまり、双方に離婚の意思があれば、理由を問わず離婚できます。

     今回のケースでは、彼の妻が離婚を受け入れない状況ですから、この協議離婚は困難でしょう。



     次に、(2)調停離婚・審判離婚について考えてみましょう。

     離婚の協議が成立しない場合、離婚を求める当事者は、直ちに離婚判決を求めて訴訟を提起できるわけでありません。離婚訴訟にいくには、訴訟提起前に、まず調停にかけなければなりません(家事審判法18条:調停前置主義)。

     調停とは、当事者同士が話し合って、合意によって紛争の解決を図る手続きです。原則として本人が出頭し、非公開で行われますので、他人に知られたくないような事情も安心して話せます。解決までに要する期間も比較的短くすみます。この調停が両者の合意により成立すれば、確定した判決と同一の効力が生じます(21条1項)。

     今回のケースで、彼の妻が「絶対別れない」と言っている以上、調停が不成立になる可能性も十分あるでしょう。



     ただし、仮に調停で離婚の合意が成立しない場合でも、家庭裁判所は、相当と認めるときには、職権で離婚を認める審判をすることができます(24条)。これが審判離婚です。2週間以内にこの審判に当事者から異議の申立がなければ、離婚に確定判決と同様の効力が生じます(25条3項)。

     他方、2週間以内に異議の申立があれば、審判の効力は失われ(25条2項)、離婚は認められないこととなります。

     今回の事案で、彼の奥さんが裁判所の審判に異議の申立を2週間以内にすれば、離婚は認められません。



    そこで、(3)裁判離婚が考えられます。

    この裁判離婚とは、離婚を認める判決を求めて家庭裁判所に提訴し、判決により離婚する方法です(人事訴訟法2条1号、4条1項参照)。

     離婚が認められるには、民法770条1項1号~5号いずれかの離婚原因が相手方配偶者にあることを証明しなければなりません。さらに、婚姻関係の破綻について責任がある者(有責配偶者)から離婚を請求する場合には、離婚原因に加えて、1相当の長期間の別居、2未成熟子の不存在、3相手方配偶者が過酷な状態に置かれる等、著しく社会正義に反する特段の事由がないこと、という要件まで必要となります(最高裁判決昭和62年9月2日)



     今回のケースにおいて、あなたと彼の交際により、婚姻関係が破綻したのであれば、彼は有責配偶者となります。したがって、離婚原因に加えて、上記3つの要件をも充足しないと、離婚は認められないでしょう。

2014年04月21日 20時14分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

婚姻費用、慰謝料の支払いの差し押さえ請求

調停・審判・裁判など 2017年07月10日

今年に離婚裁判で慰謝料が決定されて、相手方は数週間以内に支払うといってきましたが、未だに支払われていません。また、婚姻費用も同様支払ってもらっておりません。 それなので、弁護士にも報酬金を払うことができない状態でおります。 慰謝料は、...

婚姻費用の審判

調停・審判・裁判など 2017年06月06日

婚姻費用の調停が不成立に終わり審判になります。 夫名義のマンションに私一人で住み、夫が住宅ローンの支払いを拒否した為、 私が婚姻費用の中から支払う事を調停でも話したのですが、 私が、銀行の連帯保証人ではない為、銀行が私が支払う事を認め...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

調停・審判・裁判などに強い弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

お話ししやすい雰囲気の中で、ご依頼者様のお話をじっくりとお聞きします。

【初回法律相談無料】解決に向けた最良の選択をサポート致します。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【電話でのご相談も可能です】些細な悩みでもまずはご相談ください。女性視点でお話を伺います。

ページ
トップへ