主人に貸したお金を義父母から返してもらえますか?

User image 1 四季さん 2017年01月13日 23時34分

結婚して6年になります。2年前に主人が25年務めた会社を辞め、独立しました。その際に、出資金として300万ほどお金を出しました(貸しました)。
そのあとにも200万ほど貸しました。会社は全然軌道に乗らず、この一年は生活費も一切ありません。
結局、私自身のお金(結婚前のお金や、母から譲りうけたもの)約1000万円が少しづずですが無くなり今は貯金10万くらいです。
また、主人は、結婚してすぐから、たびたびお金を貸して欲しいといい、私からお金を借りていきました。いつもお金のことで喧嘩になり、その度に、借りたお金は退職金で払うからといい、合計で400万くらいの借金になりました。しかし、結局退職金は1000万ありましたが、すべて事業に投資したので、返してくれることはありませんでした。一応メモ書きみたいな感じで、借りた日付と金額(本人直筆)のものを持っています。
また、以前の会社にいた際、年間100万(春の臨時ボーナス等)ほど、私の知らない口座に給与とは別に手当が振り込まれていたようです。たまたま、金庫の中にあったその通帳を先日発見しました。その額も計算したら、300万位にはなるかと思いますが、その額も半分は請求したいです。

今現在は、私のパート代と主人の両親からの援助でなんとか生活しております。軌道にのらない会社を一向に辞める気配もなく、また、言葉の暴言がたびたびの夫で、離婚したいのですが、
さて、私が貸した約1000万円等主人からは返してもらえそうにないので、
(法的には主人の両親が払う理由はありませんけれど)
主人の両親から支払ってもらうように話は持って行けないのでしょうか?
主人の両親は年金暮らしです。家と土地があり土地は100坪くらいです。
この先、主人の両親がなくなり、最終的に夫がその財産を受取ることに
なるかと思いますが、それを子供(4歳)の名義にしてもらうとかは
無理ですか?

メモ書きだけでご主人との間で金銭消費貸借契約(貸付)が成立したと言えるか疑義がありますが、仮に貸付と認められる場合であっても、あくまでご主人の負債であり、法的にはご両親に請求することはできません。

ただ、ご主人のご両親もお孫さんの将来は心配でしょうから、上記の経緯を説明した上で、お孫さんの今後の教育費・生活費等を確保する必要があるとして、ご両親に協力をお願いすれば、不動産をお孫さん名義にしてもらえる可能性はないとは言えません。

法的な強制力があるわけではないので、あくまでご両親との交渉になりますし、「嫁が私たちの財産を奪い取ろうとしている」という風に勘ぐられてしまった場合には、同意してもらえない可能性もありますので、やり方はよく検討する必要があります。

2017年01月14日 00時55分

整理した上、交渉してみないとね。

2017年01月14日 10時35分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

離婚調停

調停・審判・裁判など 2021年07月22日

会社の廃棄予定の物をゴミ箱から持ち帰りネットにて販売をした事が会社に分かり、退職勧奨により自己都合扱いにて務めていた会社を退職致しました。 それが引き金となり妻から離婚申立をされ来月より離婚調停が始まります。 離婚の理由として挙げられ...

離婚調停中の解決金を支払いたくなく、これで埒が明かない場合は調停不成立にして次のステップに進みたいです。

調停・審判・裁判など 2021年04月13日

現在、離婚調停を行っております。 過去に何度かご相談させていただきました者です。 ご質問内容 離婚調停の相手方となっているにも関わらず解決金を支払うものかをお聞きしたいです。 2回目で状況が変わらない場合はそこで不成立と宣言しても大丈...

離婚調停中の離縁調停及び認知無効調停の申立について

調停・審判・裁判など 2021年04月12日

現在、離婚調停を行っております。 1回目の調停で嫁側(弁護士あり)から突然の慰謝料150万円の請求があり、それは払えないと断ったので、2回目の調停が予定されました。ちなみに申立の理由は性格の不一致と精神虐待で請求は離婚する、子の親権だ...

婚姻費用は後からまとめて請求されますか?慰謝料は絶対に払わないといけませんか?

調停・審判・裁判など 2021年04月09日

私は2回目の結婚で妻と子供3人(養子縁組)の家族構成となります。 2020年11月4日に妻と出会い、同年12月1日に結婚、2021年1月23日に別居です。その後、調停申立通知が届いて、2021年4月8日に調停1回目を迎えました。申立書...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する