婚姻費用

User image 1 オレンジさん 2017年03月20日 06時31分

婚姻費用の事についてですが、私の総収入365万で妻は転職したばかりで手取りは18万とボーナス3ヶ月だそうです。
私の中途半端な収入は350、375どちらになるのでしょうか?
私は今まで休み削ったりしてこの収入で、今後それも難しく、普段は16万です。
妻の要求が6万ですがそれでは生活できません。
どうしたらいいものですか?

    別居してるんですかね。
    婚姻費用算定表を参考にしますが、実情
    を当然、斟酌しますね。
    あなたは支出の明細表を数ヶ月分作って、
    支払える限度額を示せばいいですね。
    無理な話では続きませんしね。

2017年03月20日 09時18分

    おそらく婚姻費用算定表の義務者収入欄の数字のあてはめに迷っておられるものと思います。

    算定表は一つの目安にすぎませんから、グラフの目盛の中央あたりを使って、話し合いの目安にされたらよいでしょう。

    妻側の要求が高額かどうかは、お子さんがおられるかどうかで状況が変わるので、ご自身の状況にあてはまる算定表を利用されるとよいです。

2017年03月20日 14時12分
補足質問
User image 1

オレンジ - 2017年03月20日 19時31分

川崎先生ありがとうございます。さきの字が出なくてすみません。
妻はMAXの金額から折れるつもりはなさそうなので、私の計算違いで6万となれば厳しいです。
一応ネットで妻の総収入を予想し、自動計算してみると2~4万。もう少し細かな計算では2万七千円程度でしたが色々不安です。
補足回答
Resized avatar avatar lawyerprofile 25833 1480118762

川﨑政宏 - 2017年03月24日 15時46分

算定表から推測すると、小さいお子さんが1人おられるのでしょうか。

お子さんの年齢と人数により、婚姻費用は変わってきますので、正確な情報がお伝えできず、申し訳ありません。
補足質問
User image 1

オレンジ - 2017年03月24日 18時34分

度々ありがとうございます。
そうです。三歳の子供がいます。相手は私と養子縁組していない社会人の息子と同居しています。
考慮はされないでしょうか?
補足回答
Resized avatar avatar lawyerprofile 25833 1480118762

川﨑政宏 - 2017年03月24日 22時36分

社会人の息子さんに関しては、扶養の対象からは外れますし、逆に財布も完全に別とみるので、収入が加算されることもありません。
補足質問
User image 1

オレンジ - 2017年03月25日 20時04分

ありがとうございます。
妻と社会人の息子ありで生活しているのであれば正直私一人の収入で生活しているよりゆとりがあると思います。
そこらを考慮してもらうことは難しいでしょうか?
補足回答
Resized avatar avatar lawyerprofile 25833 1480118762

川﨑政宏 - 2017年03月25日 22時23分

社会人の息子さんは独立した成人で、別会計と見られますので、先方の収入への加算は難しいです。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

離婚調停前に夫と慰謝料について話が付いていたが調停員が覆そうとしています

調停・審判・裁判など 2017年07月28日

夫の不倫で離婚調停中です。 慰謝料等の話は事前についていて、夫のサインと印鑑のある 約束を紙にかいて貰いました。 調停では、ローン付きマンションの話を する予定でしたが、調停員が、2人で決めたことまで 覆そうとしています。決めた約束は...

婚姻費用、慰謝料の支払いの差し押さえ請求

調停・審判・裁判など 2017年07月10日

今年に離婚裁判で慰謝料が決定されて、相手方は数週間以内に支払うといってきましたが、未だに支払われていません。また、婚姻費用も同様支払ってもらっておりません。 それなので、弁護士にも報酬金を払うことができない状態でおります。 慰謝料は、...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

調停・審判・裁判などに強い弁護士

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

【初回法律相談無料】解決に向けた最良の選択をサポート致します。

相談したくなる弁護士

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

ページ
トップへ