元夫から養育費の支払いが滞った!対処方法は!?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月08日 19時52分

 家庭裁判所で養育費を月2万円支払ってもらうと決めたのに支払ってもらえず、家庭裁判所に申し立てをして通知してもらっても支払ってもらえません。

 地方裁判所に申し立てすると本当に給料差し押さえなど簡単にしてもらえるのでしょうか?また費用はどのくらいかかるのでしょうか?



(30代:女性)

匿名弁護士

 本件のように、養育費の支払いを家庭裁判所の調停・審判で決定しても、支払いが滞ることがあります。



 そのような場合は家庭裁判所に申し立てることによって、相手方に「履行勧告」を出してもらえることができます。ただし、この「履行勧告」には強制力がないためなかなか成果が上がりません。



 履行勧告でも支払いに応じない者に対しては、さらに家庭裁判所に申し立てることによって「履行命令」を出す方法もあります。



 履行命令は一定の期限を定めて、義務を実行するように命令する方法です。正当な理由無く履行命令に従わない場合は10万円以下の過料に処せられます。



 相談者の言われている「家庭裁判所による通知」が「履行勧告」であるならば、まずは「履行命令」の申立てをされるとよいでしょう。



 

 相談者の言われている「家庭裁判所による通知」が「履行命令」である場合には、さらに強制執行手続きを利用されるのがよいでしょう。



 強制執行手続きには、養育費の支払いについて定めた債務名義(公正証書、調停調書・審判・判決・裁判上の和解調書等)が必要です(詳しくは、「なっとく法律相談養育費が払い切れない!強制執行される前に話し合いできる?」を参照してください。)。



 上記各債務名義があれば、養育費が滞納された場合にも、裁判などによらずに、比較的簡単な手続きで、直ちに強制執行をすることができます(民事執行法151条の2152条3項)。

 相談者は家庭裁判所で養育費を決めたのですから、調停調書が作成されているはずです。その場合調停調書が債務名義となります。



 さらに、養育費などの場合、将来支払われる予定の,まだ支払日が来ていない分(将来分)についても差押えをすることができます。

 また,将来分について差し押さえることができる財産は,義務者の給料や家賃収入などの継続的に支払われる金銭で,その支払時期が養育費などの支払日よりも後に来るものが該当し(民事執行法151条の2第1項),原則として給料などの2分の1に相当する部分までを差し押さえることができます(通常は,原則として4分の1に相当する部分までです。)。



 強制執行(債権執行)の申立てには,手数料(原則として4,000円)及び郵便切手(実費3,000円程度。各裁判所によって異なります。)が必要です。



 ただし、強制執行の申立は、一般の方が行うことは大変ですので、弁護士に相談される方が良いでしょう。

2014年01月08日 19時52分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

養育されていない期間の分まで請求された養育費の一部を子に還元してもらいたい

養育費 2018年06月21日

養育費に関しての質問です。 自分の立場は離婚をした両親の子で、両親の離婚は0歳の時。その後16歳まで母方で育ちその後親権を父に変えました。 父と母の間で自分が成人になるまで毎月数万の養育費を払うという契約を離婚時にしていたようですが父...

養育費の調停について

養育費 2018年06月04日

お付き合いしていた方との間に子どもを授かりました。 しかし妊娠をきっかけに相手は責任が取れないと言われ中絶も考えましたが出産をしました。相手方には認知済みで近々養育費の調停を行います。 相手方とお別れしてから精神的に病み情緒不安定な日...

元夫の再婚で養育費を半分にすると言われたらどうするべき?

養育費 2018年05月30日

小学1、2年生の二人の子供のシングルマザーです。元夫が再婚することになり、妻と産まれる子供がいて、二人扶養するから養育費を半分にしてもらうと連絡きました。養育費は一人2万もらってます。それを1万にする!と…私の収入は離婚時と変わらず厳...

家庭裁判所を通しての養育費について

養育費 2018年05月23日

養育費について教えて下さい。 現在18歳で出産しました。 相手は前妻に養育費を支払っています。 現在、私ではない人と婚姻関係があり子どももいます。 私に養育費を払うと言われましたが、前妻の養育費を減額調停しているので今は何も出来ないと...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ