子供から親に対して扶養料を請求することができるのか?

Legalus編集部さん 2014年05月13日

1、2ヶ月ぐらい前から父親が自分の給料の口座を勝手に変え、給料を自分だけで使いだしました。今は母親のパート代と兄の給料で何とか食べていますが、今私が家を出て一人暮らしをしたとして、その時の生活費を扶養料として父親に対して請求することはできますか?

(10代後半:男性)

関連Q&A

養育費について

養育費 2017年01月13日

養育費の増額請求について質問です。 9年前に離婚しました。 離婚の際に養育費は子供3人で月10万円と 約束しました(公正証書ではありません) 毎月支払われていますが 進学費や経費の増大を理由に 養育費の増額を 請求しようと思います。 ...

養育費と入学費

養育費 2017年01月13日

仮にの話なのですが もしも ・夫婦が旦那の方の不倫が原因で離婚 ・赤ちゃんを奥さんは旦那さんとの間に授かっていてまだ生まれていない という場合に 旦那さんのほうが 「養育費は月々払うけど、多額の小・中・高校の入学費は払いたくない」 と...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     民法877条は、「直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養する義務を負う」とし、加えて民法820条は、未成熟の子に対して養育・監護する義務を定めています。こうしたことから、未成熟の子は親に対して生活費の請求をすることができます。 

     父親が話し合いに応じなければ、家庭裁判所に扶養請求の申立てを行うことになります。申し立てを行うと、調停が行われますが、調停で話がまとらない場合には、審判によって生活費を決めることになります。また、あなたの生活に差し迫った必要があって、調停や審判を待てないような場合には、家庭裁判所は、調停が成立する前であっても毎月の応分の生活費の支払いを命ずることができますし、事情によっては父親の財産の仮差押や仮処分などの必要な財産保全処分をとることもできます(家事審判規則133条、95条、52条の2)

     問題となるのは、いつまで請求できるかですが、成熟は成年(20歳)とは異なるもので、成熟の時期は具体的事情によりますが、高校卒業から大学卒業程度の間の年齢で決定されることが多いようです。

2014年05月13日

養育費に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ