生活保護を受けると養育費の支払い義務は無いの?

Legalus編集部さん 2016年02月09日

 生活保護受給者に認知した子供の養育費の支払いを求めることはできないのでしょうか?

 元夫と離婚後、私は1人で子供を育てています。元夫に子供の養育費を支払うように求めても、「生活保護受給者は支払い能力が無いので、養育費を裁判で請求しても、ムダだ」と言われました。

 本当にそうなのでしょうか?



(30代:女性)

関連Q&A

養育費について

養育費 2017年01月20日

前妻との間に子供が2人います。親権は前妻のほうで、私は養育費を支払っています(それぞれ18歳になるまで)。 この度、前妻が再婚をしたという連絡がありました(お相手は資産家です)。 調停で養育費の支払は約束しましたが、再婚をし生活に不自...

養育費について

養育費 2017年01月13日

養育費の増額請求について質問です。 9年前に離婚しました。 離婚の際に養育費は子供3人で月10万円と 約束しました(公正証書ではありません) 毎月支払われていますが 進学費や経費の増大を理由に 養育費の増額を 請求しようと思います。 ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     養育費は、子に対する扶養義務がある限り支払わなければならないものですので、生活保護を受けているからといって支払う法的義務が無いわけではありません。ですので、養育費を裁判で請求しても必ずしも無駄とは言えません。

     もっとも、養育費を支払う法的義務があっても、支払い能力が無ければ実際に養育費を回収する事は難しいでしょう。



     実際に元夫から養育費を回収する手段としては、養育費の支払請求訴訟等を起こし、その判決により元夫の銀行口座の預金を差し押さえる方法をとる事になります。なお、養育費に関する合意を強制執行認諾文言付き公正証書などでしている場合には、即座に差押えが可能です。



     生活保護費自体は差し押さえる事は出来ません(生活保護法58条)。しかし、生活保護費が銀行口座に振り込まれると、普通の預貯金と同様に差し押さえる事が可能になります。つまり、預金口座に年金や生活保護費以外のお金も入っている場合、口座に振り込まれると年金や生活保護費もその他の財産に混入し、年金や生活保護費とそれ以外の財産とを区別することができなくなってしまうので、差押えが可能となるのです(最高裁平成10年2月10日判決)。

2016年02月09日

養育費に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ