現在の夫と離婚した場合、前夫との子の養育費は誰が払う?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時11分

 私はバツイチで再婚をしたため、前の夫 A との子供 (a) と現在の夫との B 子供 (b) が1人ずついます。a と現在の夫とは養子縁組しています。
 もしこの先、今の夫と離婚をしたら、a に対する養育費はどちらの父親に請求できるのでしょうか。

(30代:女性)

匿名弁護士

 まず、b については、あなたと B という婚姻関係にある男女間に懐胎・出生した子なので、生まれたときから B の嫡出子たる身分を有しています。
 したがって、b の養育については、離婚後も原則として B がその責任を負うことに問題はありません。
 では、新しい父 B と養子縁組をした a の養育については、誰が責任を負うのでしょうか。

 養子縁組により、養子は養親の嫡出子としての身分を取得し(民法809条)、養子と養親及びその血族との間に親族関係が生じる(民法727条)などの法律的効果が生じます。養子には、普通養子縁組特別養子縁組があり、法律的効果が違います。
 a と B が普通養子縁組を結んだのであれば、A と a の親子関係は存続し、いわば二重の親子関係が存在していることになります。したがって、B とあなたが離婚した後、B と a が離縁しないときは、B a 間の養親子関係はそのまま存続するとともに、a と A との関係も続くため、具体的事情に応じて A B 双方が扶養義務を負うことになります。
 B と a が離縁したときは、a には A との実親子関係だけが残るため、A のみが扶養義務を負います。

 特別養子縁組を結んだ場合は、実親と子の関係は完全に終了します。(親権、扶養、相続権などの総てが消滅するので、実父を頼みにすることはできません。)
 この縁組は、実親子同様の強固な関係を形成するものなので、離縁は原則として認められません。例外的に離縁を申し立てることができるのは、養子本人、実父母、検察官であり、養親の側からの離縁申し立ては許されません。
 したがって、申立権者からの申し立てにより縁組が解消されない限り、B は扶養義務を負います。縁組が解消された場合には、離縁の日から、特別養子縁組によって終了した親族関係と同一の親族関係が復活します。したがって、実父 A に扶養を請求できることになります。

2014年01月07日 04時11分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

修理代を請求したい。今後の養育費の支払われるから不安です。

養育費 2018年05月15日

4月に離婚したばかりなのですが、昨年元旦那が私の車で事故って、追突事故して私の車を修理されてません。 当時は、修理するお金もなくまだバイト制で私もその時は諦めました。 ですが、昨年車検があり直してもらうよう伝えたのですがわかったといい...

子供の塾代を元夫に請求できるのか?

養育費 2018年05月14日

数年前に離婚しました。高校生の子がいます。養育費は算定表の通りにもらっていますが、 この春から子供が受験に向け塾に通うことを希望し、授業がスタートしていたため、すぐに支払いを済ませました。 元夫に、事前に相談もせずに決めてしまったので...

行方がわからない前々夫を探し出し養育費を請求したい。

養育費 2018年05月09日

私はバツ2の女性です。 最初の夫とのあいだに子供一人(女)、2番目の夫とのあいだに子供一人(男)ができ、二人とも私と一緒に暮らしています。 2番目の夫との結婚の際、最初の夫とのあいだにできた女の子と養子縁組を行ったため、養育費の受け取...

収入が減った場合の養育費の減額請求についてお伺いしたいです。

養育費 2018年05月07日

養育費の減額請求について。 彼氏が毎月12万の養育費を支払うという公正証書を作っています。 しかし、転職をし収入が減り現在毎月3万支払っています。 元嫁から養育費が足りないので過去まで遡って未払い分を差押えをすると弁護士を通して連絡が...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

養育費に強い弁護士

【弁護士が直接対応します】ご相談者様の悩みに対して、分かりやすい説明を心掛け、最良の結果を目指し、ご相談者様と...

【川口駅前の法律事務所】【初回相談無料】不動産、債務整理、相続、離婚問題などお気軽にご相談下さい!

【初回相談無料】【夜間・土日祝の相談可】ひとつひとつのご相談にきめ細かく丁寧にご対応します。

【初回法律相談料無料】まずはお気軽にご相談ください。じっくりお話しをお聞きし、最適な解決案をご案内いたします。

ページ
トップへ