支払われなかった期間を遡って養育費を請求できる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年03月18日 03時18分

 私には、息子が一人います。離婚の際に息子を私が引き取ることにし、養育費を請求したのですが、子供との面接権を拒否したら、「会わせてもらえないなら払わない」と言われ、そのままになってしまいました。子供も大きくなり、教育費もかかるため、離婚から9年が過ぎましたが、改めて養育費を請求したいと思います。これからの養育費については請求もできるかと思いますが、今までの9年間分の養育費についての請求は出来るのでしょうか?


(40代:女性)

匿名弁護士

 養育費の支払いを受けるためには、子供が親に対して有している債権を具体化する必要があります。

 養育費の具体化は、父母の協議に委ねられますが、これが調わない場合、家庭裁判所での調停もしくは審判によって定めることになります(民法766条同879条家事事件手続法別表第二第3項)。



 この前提を受けて、ご相談者様のケースを考えていきましょう。

 まず、離婚の際に養育費の請求をされているようですが、その際にご自身と元夫の間で、具体的な養育費の取り決めがされているかどうかを確認してください。それによって、行うべきことが変わります。



 まず、養育費の取り決めがなかった場合について見てみましょう。この場合、現段階で養育費の具体化の要求ができるか否かが重要となってきます。

 基本的に、抽象的な意味合いにおける養育費のような、一定の親族関係に基づく法律上当然に生じる債権は、親族関係が継続している限り時効とはなりません。

 そのため、今回のケースのように9年という時間が経っていたとしても、養育費を具体化するのは可能です。



 本来は、はじめに元夫と協議を持ち、養育費の具体化を図るべきでしょう。しかし、すでに9年も離婚から時間が経っているので、今さら協議を行い、それを調えるというのは難しいかもしれません。

 その場合は、冒頭でも説明したように家庭裁判所への申し立てを行う必要が出てきます。



 この申し立てによって養育費が具体化できたら、次に元夫に対して請求を行うことになります。

 この場合、過去の養育費は含めることができるのでしょうか?この問題について、裁判所が「未成熟子に対する生活保持の義務は、請求をまってはじめて発生するものではない」ということを理由にし、申し立てより前の養育費の支払い義務を認めたものがあります(神戸家審昭和37年11月5日)。

 そのため、過去に遡って養育費を請求することは可能です。



 しかし、従来は、養育費は請求されてからはじめて発生する、という考えが一般的でした。これに従い、過去の養育費支払い義務が否定された判例も多く存在しています。

 具体的な事案については、子供の年齢や元夫、そしてご相談者様の経済状況といった状況をもとに、調停委員、もしくは裁判官が判断する事項となるため、必ずしも請求できるとは言い切れません。



 次に、養育費について具体的な取り決めがあった場合についても考えてみましょう。

 この場合は、抽象的な意味合いにおける養育費債権は、「子供が成人するまでは、毎月○日に4万円の養育費を支払う」というような具体的な養育費債権となります。



 具体的な養育費債権については、最初の弁済期より20年、もしくは最後の弁済期から10年という時効が定められています(民法168条)。さらに、具体的な養育費債権で生じる養育費支払い請求権については5年間行使しないと、時効消滅することが民法169条によって決められています(ただし、家庭裁判所の審判、もしくは調停で養育費が具体化した時には、消滅時効を10年にすることができます)。



 少し複雑な書き方になってしまったので分かりにくいかもしれませんが、離婚時の養育費の取り決めが夫婦間の協議でなされたときは、元夫は時効を援用することができ、過去5年以前についての養育費は請求することができなくなってしまいます。

 一方、養育費について家庭裁判所の調停や審判で定めたときは、まだ時効となっていませんから、過去9年分について全額請求ができます。

2016年03月18日 03時18分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

養育費の不払い。差し押さえる財産がない場合。

養育費 2018年04月07日

養育費について質問させて下さい。 元夫もわたしも42歳、7歳のひとり娘がおり、夫の借金が原因で昨年3月に離婚しました。 元夫の家は夫の父親(舅)が建築事務所を作って自営業をしていたものの商売が上手くいかず、20年前に離婚し、舅は現在も...

認知 シングルマザー

養育費 2018年04月03日

出産予定日は8月末、妊娠5ヶ月の妊婦です。 相手の方は生まれない限り話し合いには応じないと言ったきり、音信不通です。電話も着信拒否になりました。 この状態では任意認知は難しいと思っています。 シングルマザーになるので、産まれたら直ぐに...

養育費の権限について

養育費 2018年04月02日

不倫の末妊娠をし、出産しました。 相手の奥様にも既にバレておりますが、男性には先日認知届けを出していただけました。 そこで養育費ですが、相手方の奥様が口出しをして少ない金額しか貰えない可能性が出てきました。シングルマザーなので養育費算...

養育費について

養育費 2018年04月02日

未婚での出産です。 お相手の方は認知しないとおっしゃっていますので、強制認知の方向を考えています。 養育費を請求したいと考えていますが、どのタイミングで強制認知の申し立てをしたら宜しいのでしょうか? アドバイス宜しくお願い致します。

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

養育費に強い弁護士

【初回法律相談30分無料】【完全個室相談】【泉佐野駅徒歩1分】しっかりとお話を伺い、ご依頼者様にとって最適な解...

【初回相談30分無料】【四谷三丁目駅徒歩3分】弁護士歴40年の実績経験豊富な心優しい弁護士が、貴方の「幸せ」の...

【土日祝も事前予約で相談可】【初回相談30分無料】皆さまの「代理人」として問題点を共有し、同じ視点に立って取り...

丁寧な説明を心がけています。

【初回相談無料】ご事情をしっかり伺い的確なアドバイスを致します。また、夜間・休日も弁護士直通電話(050-53...

じっくりお話しを伺い,共に解決を目指していきます。

ページ
トップへ