養育費の減額を請求しましたが拒否されました

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時08分

 10年前に離婚し、3年前に再婚し子供を授かりました。2年前から私の母(父は居ません)が体調不良で私が扶養しております。今までは妻が働いてくれていた為、元妻への養育費の支払いは出来たのですが妻は働けなくなり、今後の生活が不安です。

 子供1人9歳の養育費の減額は出来ますか?

 なお、元妻に減額の請求をしましたが拒否されました。元妻は看護士として働いており両親と共に実家に住んでいますが、年収は教えてくれません。


(30代:男性)

匿名弁護士

 あなたは、養育費を減額するために、「養育費の額の変更を求める調停(子の監護に関する処分)」(民法880条家事審判法9条1項乙類8号、家事審判規則53条)を相手方の住所地の家庭裁判所又は元奥さんとの合意で定める家庭裁判所に申し立てるとよいでしょう。


調停」とは、当事者同士が話し合って合意によって紛争の解決を図るものです。原則として本人が出頭して、非公開で行われます。解決までに要する時間も比較的短くすみます。申立て手数料も訴訟に比べて安く、養育費減額請求では、対象者となる子供1人につき、収入印紙1、200円、連絡用の郵便切手が申立てに必要な費用です。

 この減額の「調停」が両者の合意により成立すれば、確定した審判と同一の効力が生じることとなります(家事審判法21条1項)。



 一方、「調停」が不成立となれば、調停を申立てた時に審判の申立てがあったとみなされ(26条1項)、審判手続きに移行します。

 審判手続きとは、裁判官が、当事者から提出された書類などの資料に基づいて判断を決定する手続きです。



 では、審判手続きに移行した場合に、養育費の減額は認められるのでしょうか。

 この点につき山口家裁の平成14年12月16日の審判が参考となります。

 この審判で裁判所は、養育費の額が決まった当時に比べて申立人の収入が著しく変化し減少したこと、再婚し新たな家庭が出来、2子を儲けるなどしたため生活費を確保しなければならない等申立人の生活状況が大きく変化したこと、といった事情の変更を考慮して、養育費の減額を認めています。具体的には、従前の子供3人分の養育費合計10万5千円を9万円に減額しています。



 今回のケースでも、3年前に再婚し子供を授ったこと、現在の妻が働けなったこと、2年前からあなたのお母さんが体調不良となりあなたが扶養していること等事情の変更が認められます。また、元奥さんが看護士として働いており収入が増加している可能性もあります。

 このような事情の変更を加味すると、養育費の減額が認められる可能性は十分あるでしょう。

2014年01月07日 04時08分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

養育費の不払い。差し押さえる財産がない場合。

養育費 2018年04月07日

養育費について質問させて下さい。 元夫もわたしも42歳、7歳のひとり娘がおり、夫の借金が原因で昨年3月に離婚しました。 元夫の家は夫の父親(舅)が建築事務所を作って自営業をしていたものの商売が上手くいかず、20年前に離婚し、舅は現在も...

認知 シングルマザー

養育費 2018年04月03日

出産予定日は8月末、妊娠5ヶ月の妊婦です。 相手の方は生まれない限り話し合いには応じないと言ったきり、音信不通です。電話も着信拒否になりました。 この状態では任意認知は難しいと思っています。 シングルマザーになるので、産まれたら直ぐに...

養育費の権限について

養育費 2018年04月02日

不倫の末妊娠をし、出産しました。 相手の奥様にも既にバレておりますが、男性には先日認知届けを出していただけました。 そこで養育費ですが、相手方の奥様が口出しをして少ない金額しか貰えない可能性が出てきました。シングルマザーなので養育費算...

養育費について

養育費 2018年04月02日

未婚での出産です。 お相手の方は認知しないとおっしゃっていますので、強制認知の方向を考えています。 養育費を請求したいと考えていますが、どのタイミングで強制認知の申し立てをしたら宜しいのでしょうか? アドバイス宜しくお願い致します。

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

養育費に強い弁護士

【弁護士直通】【電話でのご相談も可能】お客様の気持ちに配慮し「親身に」「真摯に」向き合います。些細な悩みでもま...

【初回相談無料】【夜間・土日祝の相談可】ひとつひとつのご相談にきめ細かく丁寧にご対応します。

【初回法律相談無料】解決に向けた最良の選択をサポート致します。

【税理士・司法書士・行政書士・社会保険労務士と連携】解決内容を納得していただけるようなご説明と打ち合わせを心が...

■新進気鋭の2名の若手弁護士が、素早いフットワークで企業様をサポート致します。

【弁護士に直接繋がります】【休日夜間24時間相談予約対応】ご相談者様のお悩みに対して、女性の目線で親身かつ丁寧...

ページ
トップへ