養育費の減額は可能?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 1年前に離婚歴のある男性と、養育費を払っていることも知っていて結婚しました。今は毎月7万の養育費を払ってますが、もう少し下げてもらえないかな? って思ってます。生活が苦しいわけではありませんが、貯金できるほどではなく、今のままでは子供を作ることができません。夫の前妻も再婚をして子供が出来たそうです。
 養育費の減額をすることはできないでしょうか?

(20代後半:女性)

関連Q&A

支払われなかった期間を遡って養育費を請求できる?

養育費 2016年03月18日

私には、息子が一人います。離婚の際に息子を私が引き取ることにし、養育費を請求したのですが、子供との面接権を拒否したら、「会わせてもらえないなら払わない」と言われ、そのままになってしまいました。子供も大きくなり、教育費もかかるため、離婚...

生活保護を受けると養育費の支払い義務は無いの?

養育費 2016年02月09日

生活保護受給者に認知した子供の養育費の支払いを求めることはできないのでしょうか? 元夫と離婚後、私は1人で子供を育てています。元夫に子供の養育費を支払うように求めても、「生活保護受給者は支払い能力が無いので、養育費を裁判で請求しても、...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     離婚時の話し合いによって、未成熟の子の養育費について取り決めがなされた場合、その取り決めに基づいて養育費を支払うことは義務の履行として当然ですが、時の経過によって事情が変化した場合、当初の取り決めをそのまま将来に持ち越すことが、客観的に相当でない状況となることもあります。そのような場合は、事情変更を理由に、約定を変更することが認められます。

     あなたの夫とその前妻の場合も、お互いに再婚するなど、養育費についての取り決め時に想定していなかったであろう事情が生じていますから、事情変更を理由に養育費の減額が認められる場合があります。

     養育費の減額は当事者同士の話し合いによっても可能ですが、家庭裁判所に子の監護に関する処分(養育費減額)の申立てを行うとよいでしょう。どの程度減額されるかは、両者の収支を含む生活状況が具体的に調査されないとわかりませんが、前妻側の収入が安定していれば、減額の可能性があります。ただし、申立てをするのは、あなたではなく、夫である点に注意してください。

2014年01月07日

養育費に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

【堺市】南海本線堺駅すぐ

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ