子供が20歳を超えても養育費を支払うべき?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時06分

 大学進学などで授業料がかかるとのことで、子どもが20歳以後も養育費を要求されました。支払わないと法に訴えると言われました。義務はあるのでしょうか?ほっといていいものでしょうか?


(50代:男性)

匿名弁護士

 法律上の規定はないので当事者間の話し合いによります。家庭裁判所の調停では、父母の経済的資力や学歴、社会的地位などにより、支払うべきと判断されることもあります。


 親の子に対する扶養義務民法877条)は、両親が離婚してもなんら影響を受けません。この扶養義務に基づいて、親から子供に渡されるお金のことを、養育費といいます。


 養育費を子供が何歳になるまで支払うべきかについては、法律上の規定はありません。当事者間の話し合いにより決めることになります。

 
一般的には、成人である20歳まで支払う例が多いようです。ただ、親族間の扶養義務を根拠としている以上、子供が未成年でも、社会人として経済的に自立しており、扶養を受ける必要がない場合には、養育費を支払う必要はないでしょう。

 
逆に、子供が成人していても、身体的・精神的に未熟であって、経済的に自立しておらず、扶養を受ける必要がある場合は、養育費を支払うべきと判断される場合があります。

 
最近では大学の進学率も高くなってきているので、大学を卒業するまで養育費を支払うと約束する場合も多くなってきているようです。


 なお、当事者間の話し合いがまとまらない場合は、家庭裁判所の調停を利用しましょう。

 
その際、養育費の支払期間は、父母の経済的資力や学力、社会的地位、生活環境なども総合的に考慮して決められます。

 
ご相談の場合も、これらの個別的な事情によっては、養育費を支払うべきと判断される場合もあるでしょう。

2014年01月07日 04時06分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

不払い養育費を減らすには裁判しかありませんか?

養育費 2018年09月15日

不払いにしていた養育費が数百万円になります。 8年前に自己破産したことや転職し年収が減った事を理由に不払い分を減額するには裁判を起こせばどの位減額できますか?

養育費の減額を認めたくない場合。

養育費 2018年09月13日

養育費の減額申し出がありました。 受け入れるつもりはありません。 調停もいくつもりもありません。 そうなった場合養育費はどうなるのでしょうか?

元旦那再婚、養育費支払い中の中逮捕、今後の養育費について

養育費 2018年09月11日

離婚して元旦那は再婚され子供もいる状態です。 家庭裁判所で養育費について話し合いをし、それからは毎月ちゃんと支払って頂いています。しかし、先日元旦那が逮捕されました。まだ奥様とは婚姻状態ではあります。元旦那のご両親と話し養育費について...

養育費の減額審判と強制執行

養育費 2018年09月03日

不払いだった養育費が数百万円あり、強制執行すると言われました。 給与が減ったため減額審判をしたいのですが、不払い分が減額になる確立はありますか? 強制執行が始まってからでは審判による減額はできないのでしょうか?

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

Go To Top Html