母の再婚相手に対する扶養義務はある?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年05月13日 03時32分

 私の母は父と離婚後、再婚しました。母が亡くなった後、この再婚相手を扶養する義務はあるのでしょうか? 母が再婚したときには、私はすでに独立しており、特段世話になったわけではないし、人間的にも好きになれないのですが。

(30代前半:男性)

匿名弁護士

     扶養義務は、原則として、直系血族および兄弟姉妹が互いに負うとされています(民法877条1項)。

     直系血族とは、親子、祖父母と孫のような関係をいい、親子の場合は、実親子だけでなく、養親子の場合も含みます。また、子が嫡出子でも非嫡出子でも構いません。
     ただし、あなたと母の再婚後の夫とは、養子縁組をしない限り親子ではありません。

     以上からすると、継親・継子の関係に立つあなたのケースでは、扶養義務を負わないとも思われます。

     しかし、民法は、家庭裁判所は、特別の事情があるときは、直系血族および兄弟姉妹以外の三親等以内の親族に扶養義務を負わせることができるとしています(同条2項)。

     継親・継子の関係は、姻族一親等の関係にありますから、これによると裁判所の裁量で扶養義務を負わせることも可能です。
     ただ、「特別の事情」とは、扶養義務者が要扶養者から以前に長期間にわたって扶養されていたとか、単独相続によって扶養義務者が要扶養者の住んでいた家屋を取得した結果、要扶養者に行くべき家もなく、資産も使い果たしてしまったといったよくよくの事情がある場合をいい、単に要扶養者が困窮し、他に扶養能力のある親族がいないというだけでは足りないとされています。
     また、姻族関係終了届を市町村役場に提出すると、姻族関係は消滅するため(民法728条2項・戸籍法96条)、裁判所はあなたに扶養義務を負わせることができなくなります。

     なお、あなたと再婚相手が養子縁組した場合には、血族関係が生じますから、扶養義務が発生することになります。

2014年05月13日 03時32分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

養育費の減額は可能なんですか?

養育費 2017年07月11日

A男さん夫婦が、離婚して3人の子供は、母親が引取りました。養育費については、18歳になるまで支払う契約書を交わしました。但し、実際に支払っているのは、A男さんの両親です。その後、母親は再婚し、3人の子供は養子縁組をしています。この場合...

養育費は何歳まで?

養育費 2017年06月09日

妻と離婚前に養育費について協議してます。娘が2人で親権は妻になります。自分と妻は正社員です。自分の年収500万円、妻の年収は300万円の場合、自分は養育費をいくら払うのが妥当でしょうか?また、子供が何歳まで払う義務がありますか?自分と...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

養育費に強い弁護士

お客様一人一人にあった解決方法をご提案します

相談したくなる弁護士

じっくりとお話をうかがい“最適な解決”をご提案します。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

ページ
トップへ