いつまで養育費を支払わなければならない?

Legalus編集部さん 2015年05月19日

 離婚調停で養育費の支払いを合意して、現在も継続支払中です。

 子供は二人で一人は義務教育中、もう一人は今年成人しましたが、大学生です。

 調停で取り決めたのは「養育費の支払いは、二人の子供が成人するまで」でしたので、20歳の誕生日を迎えた翌月から一人分の支払いにしたところ、「子供(成人)から養育の請求をする(させる?)」旨の連絡がありました。

 大学の費用については調停で決めていない「特別な事由」と思いますので、協議するつもりですが、養育費の支払いはどう考えるのが一般的なのでしょう?

 大学卒業するまでの間は支払うべきなのでしょうか?

 卒業後に就職できなかったりした場合はどうなのでしょう?

 当然そこまで面倒を見るつもりはないですが、請求されるのでは?と心配です。



(50代:男性)

関連Q&A

養育費について

養育費 2017年01月20日

前妻との間に子供が2人います。親権は前妻のほうで、私は養育費を支払っています(それぞれ18歳になるまで)。 この度、前妻が再婚をしたという連絡がありました(お相手は資産家です)。 調停で養育費の支払は約束しましたが、再婚をし生活に不自...

養育費について

養育費 2017年01月13日

養育費の増額請求について質問です。 9年前に離婚しました。 離婚の際に養育費は子供3人で月10万円と 約束しました(公正証書ではありません) 毎月支払われていますが 進学費や経費の増大を理由に 養育費の増額を 請求しようと思います。 ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     養育費の支払いの合意によれば、支払期限は「成人するまで」となっていますので、ご質問にあるとおり、成人に達した月の翌月以降は、その成人の子供についての養育費支払義務は消滅しています。したがって、母親からの請求であっても、子供からの請求であっても、これを支払う義務はありません。



     ご質問の場合、調停離婚ということですが、一般論として、養育費の支払義務を定めるにあたって、「成人するまで」とするか、大学進学を見込んで「22歳まで」とするかについて、調停委員から確認なり話があったと思います(絶対ではありませんが)。したがって、もし今後仮に調停を申し立てられたとしても、そのような確認や話があったにもかかわらず、「成人するまで」として合意したのであれば、よほどの事情変更がない限り、成人月を越えて支払うとの結果になるとは思えません。

     もちろん、あなたと母親とで協議をして変更することは可能です。



     次に、大学の費用については、特別出費として、その費用の請求を受けることがあります。これは養育費の変更ということで、父母の協議、調停で決めることになります。その負担ですが、父母のそれぞれの年収の割合によって、これを応分負担とするのが妥当であると思われます。



     また、大学の費用については、通常の4年間と決める例が多いと思われます。基本的には、成人になれば養育費支払義務は消滅します(大学卒業までと合意をした場合を除いて)。ましてや、大学を卒業したにもかかわらず、就職できなかったような場合にまで養育費を支払う義務はありません。

2015年05月19日

養育費に強い弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【堺市】南海本線堺駅すぐ

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

丁寧な説明を心がけています。

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ