養育費の算定は

User image 1 春野さん 2017年02月11日 06時43分

再婚した旦那に子どもが2人いて、養育費の減額請求を考えています。

理由は収入減と私にも子どもが生まれるためです。

養育費の算定表は、確定申告書の、所得金額合計で見たらいいのでしょうか?

それとも、保険料や税金などを引いた、課税される所得金額で見たらいいのでしょうか?

私も働いて給料をもらっているのですが、私の給料分もプラスして計算しないといけないのでしょうか?

自営業者は、課税所得になりますね。
あなたの収入は、合算しなくていいですね。
それでも聞かれるでしょうね。
最近減額の申立てが多くなりましたね。
家庭裁判所に申し立てることになりますね。
算定表を参考にしてある程度の目安がつきますね。

2017年02月11日 10時50分

 再婚された方は自営業者ということですね。
 自営業者については,確定申告書の「課税される所得金額」が「年収」に当たるとされていますが,その一方で,
 ①実際に支出されていない費用,については控除すべきではないと考えられており,これらの費用は「課税される所得金額」に加算することとなります。具体的には,「青色申告特別控除」,「基礎控除」などがこれに該当します。
また、②医療費控除・生命保険料控除などについては実際に支出がある費用ですが標準的な保険医療費,保険掛金についてはすでに算定表上考慮されていますので,医療費・生命保険料については控除すべきではないと考えられます。
さらに、③小規模企業共済等掛金控除・寄付金控除については,性質上,養育費・婚姻費用の支払に優先すべきではないため控除すべきでないと考えられます。
 結果,自営業者の年収は,確定申告書の「課税される所得金額」に下記の【Ⅰ】~【Ⅲ】の各費用を加えた金額になります。

【Ⅰ】実際に支出されていない費用
  ①青色申告特別控除
  ②雑損控除
  ③寡婦、寡夫控除
  ④勤労学生、障害者控除
  ⑤配偶者(特別)控除
  ⑥扶養控除
  ⑦基礎控除
  ⑧専従者控除(実際に支出されていない場合)

【Ⅱ】すでに標準額が算定表上考慮されている費用
  ⑨医療費控除
  ⑩生命保険料控除
  ⑪地震保険料控除

【Ⅲ】性質上婚姻費用・養育費の支払いに優先しない費用
  ⑫小規模企業共済等掛金控除
  ⑬寄付金控除

なお、ご相談者の収入は、基本的には考慮すべきものではないかと考えます。

2017年02月14日 21時13分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

養育費が支払われません。回答宜しくお願い致します。

養育費 2018年02月20日

離婚済みです。 現在7歳小学2年生の男の子の親権は母である私が持っています。 離婚時調停はせず、口約束のみで養育費を設定しました。 離婚の原因は元夫のギャンブル。 低収入時にできたカードローンの返済と、もう一つ勝手に作ったカードローン...

再婚するにあたって公正証書の内容の変更について

養育費 2018年02月14日

今回再婚することになり養子縁組を3人します 18歳、15歳の双子です。私には前妻との間に4人子供がいますが、21歳、18歳、15歳、12歳です 離婚する時に、公正証書を作成しました 今回再婚するので公正証書の変更のお願いを元妻に送りま...

養育費の減額について

養育費 2018年02月09日

慰謝料(私側が払う)と養育費(相手側が払う)を相殺中です。 私側が結婚し養子縁組をした場合、実際にお金の動きがなくても養育費の減額はできるのでしょうか?

養育費、学費の請求をしたい

養育費 2018年01月11日

8年前に離婚しています。 協議離婚しましたが、離婚前に取り交わした証書を、当時は金銭的に余裕がなく、公正証書に出来ず、養育費の支払いがなくなった為、その後調停をし、養育費の取り決め、子供の進学に関わる費用の折半を約束した調停調書を作成...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

養育費に強い弁護士

【初回法律相談30分無料】利益を最大に、危険を最小にする解決策をご案内します。

【初回相談無料】【分割払いあり】【後払いあり】【電話相談可】【メール相談可】【土日祝相談可】【夜間相談可】

【初回相談無料】【目黒駅徒歩5分・白金台駅徒歩7分】頼れる身近な法律の専門家として、相談しやすく、安心してご依...

【横浜駅徒歩3分】【初回相談無料】【24時間予約受付中】依頼者様の立場で分かりやすい説明と丁寧かつ迅速な連絡を...

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

【初回相談無料】【土日祝日/夜間相談可】一つ一つのご相談について、真摯な対応を心掛けております。

ページ
トップへ