養育費の算定は

User image 1 春野さん 2017年02月11日 06時43分

再婚した旦那に子どもが2人いて、養育費の減額請求を考えています。

理由は収入減と私にも子どもが生まれるためです。

養育費の算定表は、確定申告書の、所得金額合計で見たらいいのでしょうか?

それとも、保険料や税金などを引いた、課税される所得金額で見たらいいのでしょうか?

私も働いて給料をもらっているのですが、私の給料分もプラスして計算しないといけないのでしょうか?

自営業者は、課税所得になりますね。
あなたの収入は、合算しなくていいですね。
それでも聞かれるでしょうね。
最近減額の申立てが多くなりましたね。
家庭裁判所に申し立てることになりますね。
算定表を参考にしてある程度の目安がつきますね。

2017年02月11日 10時50分

 再婚された方は自営業者ということですね。
 自営業者については,確定申告書の「課税される所得金額」が「年収」に当たるとされていますが,その一方で,
 ①実際に支出されていない費用,については控除すべきではないと考えられており,これらの費用は「課税される所得金額」に加算することとなります。具体的には,「青色申告特別控除」,「基礎控除」などがこれに該当します。
また、②医療費控除・生命保険料控除などについては実際に支出がある費用ですが標準的な保険医療費,保険掛金についてはすでに算定表上考慮されていますので,医療費・生命保険料については控除すべきではないと考えられます。
さらに、③小規模企業共済等掛金控除・寄付金控除については,性質上,養育費・婚姻費用の支払に優先すべきではないため控除すべきでないと考えられます。
 結果,自営業者の年収は,確定申告書の「課税される所得金額」に下記の【Ⅰ】~【Ⅲ】の各費用を加えた金額になります。

【Ⅰ】実際に支出されていない費用
  ①青色申告特別控除
  ②雑損控除
  ③寡婦、寡夫控除
  ④勤労学生、障害者控除
  ⑤配偶者(特別)控除
  ⑥扶養控除
  ⑦基礎控除
  ⑧専従者控除(実際に支出されていない場合)

【Ⅱ】すでに標準額が算定表上考慮されている費用
  ⑨医療費控除
  ⑩生命保険料控除
  ⑪地震保険料控除

【Ⅲ】性質上婚姻費用・養育費の支払いに優先しない費用
  ⑫小規模企業共済等掛金控除
  ⑬寄付金控除

なお、ご相談者の収入は、基本的には考慮すべきものではないかと考えます。

2017年02月14日 21時13分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

養育費払わない元夫

養育費 2018年11月07日

私が19歳、元夫が17歳(現19歳)の時に妊娠 去年の5月に籍を入れましたが10月に別居、 離婚調停をして12月に離婚成立。 養育費3万+解決金(慰謝料)30万(30分割払い) だったのですが、今年3月から一切支払いがありません。 何...

二度の離婚。一番目の夫に対し実子の養育費を再度請求したいが可能か?

養育費 2018年10月07日

私はバツ2の女性です。 最初の夫とのあいだに子供一人(女)、2番目の夫とのあいだに子供一人(男)ができ、二人とも私と一緒に暮らしています。 2番目の夫との結婚の際、最初の夫とのあいだにできた女の子と養子縁組を行ったため、養育費の受け取...

夫婦破綻してます。子供が精神的にまいっています。必要なお金をもらって早く離婚したいです。毎晩子供が泣いています。

養育費 2018年10月07日

引きこもりだった20歳の長男を夫が真冬に追い出してしまいました。 12歳の次男と泣きながら止めましたが出て行きました。その時夫は暴言を吐きながら暴れました。 その日以来、家庭内別居状態です。 もともと家計は夫が握っていました。私の給料...

不払い養育費を減らすには裁判しかありませんか?

養育費 2018年09月15日

不払いにしていた養育費が数百万円になります。 8年前に自己破産したことや転職し年収が減った事を理由に不払い分を減額するには裁判を起こせばどの位減額できますか?

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ