公正証書を拒否することは可能なのか。

User image 1 たまさん 2017年02月17日 04時22分

養育費の公正証書を作ろうと思っています。
しかし、彼は拒んでいます。

公正証書は2人の合意があってこそ、書く必要があるのでしょうか。
しかし、養育費を支払うのは義務なので、
拒否できないのでしょうか。

公正証書を拒まれたら、調停調書を出せばいいのですか。

とりあえず、養育費を口約束ではなく、国が認めた誓約書にサインをしてほしいだけなのです。

公正証書の作成はあくまで当事者の合意に基づくものですので、相手が拒否した場合は公正証書を作成することは困難です。

この場合、養育費請求調停・審判を行ない、裁判所に調停調書・審判調書を作成して頂ければ、滞納時に強制執行が可能です。
養育費額については一般的な基準があり、特別な事情がない限り裁判所は基準に基づいて算定するので、まずは相手方に争ってもあまり意味がない旨説得してみる方法が考えられます。

2017年02月17日 09時31分

公正証書作成に協力してくれないなら、
調停ですね。
調停調書の方がかえっていいですけどね。
調停委員や裁判官が入った方が義務を守る
気持ちが高くなりますね。
書記官も履行勧告してくれますしね。

2017年02月17日 10時20分

公正証書にする最大の価値は、強制執行認諾文言をいれた公正証書にした場合、裁判などをしなくても公正証書を債務名義にして強制執行が可能という点です。
ただし、公正証書作成は双方の合意が必要なので、相手が拒否すれば作成はできません。

強制執行できるようにしておくなら、調停・審判を申し立てるなどして調停調書・審判書等を頂くと、それを元に強制執行が可能となります。
調停の場合は相手方の調停内容についての合意がなければ調停は成立しませんが、審判は相手方の同意がなくても審判されますので、審判書は頂けます。

2017年02月17日 11時29分

 口頭の合意であっても成立しますが、少なくとも、当事者間で合意文書を作成しましょう、
 口頭の合意は、裁判では、合意として認められません。

 公正証書は、すぐに強制執行ができることが、主な利点です。
 公正証書作成を拒否しても、合意文書を作成して下さい。

 公正証書を拒否した場合は、調停を申し立てて下さい。
 なお、調停調書には、当事者のサインはありませんが、裁判官の面前で認めたことなので、法的な拘束力はあります。

2017年02月17日 12時48分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

養育費が支払われません。回答宜しくお願い致します。

養育費 2018年02月20日

離婚済みです。 現在7歳小学2年生の男の子の親権は母である私が持っています。 離婚時調停はせず、口約束のみで養育費を設定しました。 離婚の原因は元夫のギャンブル。 低収入時にできたカードローンの返済と、もう一つ勝手に作ったカードローン...

再婚するにあたって公正証書の内容の変更について

養育費 2018年02月14日

今回再婚することになり養子縁組を3人します 18歳、15歳の双子です。私には前妻との間に4人子供がいますが、21歳、18歳、15歳、12歳です 離婚する時に、公正証書を作成しました 今回再婚するので公正証書の変更のお願いを元妻に送りま...

養育費の減額について

養育費 2018年02月09日

慰謝料(私側が払う)と養育費(相手側が払う)を相殺中です。 私側が結婚し養子縁組をした場合、実際にお金の動きがなくても養育費の減額はできるのでしょうか?

養育費、学費の請求をしたい

養育費 2018年01月11日

8年前に離婚しています。 協議離婚しましたが、離婚前に取り交わした証書を、当時は金銭的に余裕がなく、公正証書に出来ず、養育費の支払いがなくなった為、その後調停をし、養育費の取り決め、子供の進学に関わる費用の折半を約束した調停調書を作成...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

養育費に強い弁護士

【初回相談30分無料】【土日祝日・早朝夜間相談可能】企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナ...

【初回相談無料】【夜間・土日祝の相談可】ひとつひとつのご相談にきめ細かく丁寧にご対応します。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【初回相談無料】【夜間・土日祝・出張の相談可】悩み事が少しでも晴れますよう丁寧かつ誠実に対応します。

【初回相談無料】【24時間予約受付】依頼者が諦めない限り絶対に諦めず、必ず守ります。可能な限りいつでも、どこで...

退職トラブルについては当職へご相談ください。お話を真摯に伺い、最良の選択肢を提案します。

ページ
トップへ