養育費減額について

User image 1 たくままさん 2017年03月16日 06時17分

離婚して子供2人(小3・年長)を扶養しながら働いています。元旦那から養育費減額の調停の手紙が届きました。
減額理由は、収入の減少・扶養家族ができた(再婚・相手方の連れ子3人扶養+1人出産)
平成24年に離婚・二人で月6万の養育費の支払いの約束を公正証書で取り決めましたが、今年2月から支払いが止まっています。

お聞きしたいのは、
もし0円で承諾した場合、数年後遡って支払いが止まった月から元の額の養育費を請求できるのか?

新たに養育費の減額の合意がなされるまでは,以前の公正証書による合意が有効となりますので,相手方には公正証書によって定められた金額を支払うべき義務があります。
公正証書に執行認諾文言が付けられていれば,現在の未払金に対して強制執行も可能です。ただし,公正証書で養育費を定めている場合,時効の中断等の事由がない限り,5年間の時効期間となりますので,時効期間経過後に請求することは困難になりますので,ご留意下さい。

2017年03月16日 08時13分

あなたが0円で減額請求に応じた場合には、その後、改めて養育費をいくらかもらうという約束が成立しない限り、遡って養育費を請求することは出来ません。
相手方の養育費支払い義務は0円となったのであれば、ずっと0円ですから、遡って支払う義務が発生することがないことは当然ではないでしょうか。
あなたとしては、相手方の減額請求に応じてあげたい気持ちがあるが、将来的にまたもらう必要性が出てくるかもしれないというのであれば、調停条項に「当分の間は0円とするが、いずれ、あなたに養育費をもらうべき必要が生じたら改めて協議する」という条項を入れてもらったらどうでしょうか。
その場合でも、遡っては養育費をもらうことができないことは、承知しておいてください。
あくまでも、改めてあなたから養育費について支払請求を申し立てた上、協議して新たな養育費の額が決まってからの分しかもらうことは出来ません。

2017年03月16日 09時36分

元の額を請求できないので、今回の調停で取り決めた
額になります。
まだ減額されたわけではないので、請求はできます。
しかし、減額が認められたら申立て時にさかのぼって
返還する必要があることを頭に入れといてください。
調停委員がある程度、合理的な案を示してくれる
と思います。

2017年03月16日 09時43分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

養育費の減額について

養育費 2018年07月10日

元夫より養育費の減額調停されました。 元夫とは現在7歳の子どもがいます。 また元夫は再婚し現在3人の子ども(1歳、0歳、現在妊娠中)がいるためとの事です。 養育費は8万円いただいていましたが、どれくらい減額になるのでしょうか? 元夫は...

離婚したいです。

養育費 2018年07月06日

結婚14年目で子供が6人います。 2014年7月25日に主人の携帯に既婚者女性とメールや電話のやりとりをしているのを見つけました。 主人が知り合いの自営業に車検に出した時に相手の夫が「○○に車検が完了したと連絡してくれ」と言った際にお...

離婚したいです。

養育費 2018年07月06日

結婚14年目で子供が6人います。 2014年7月25日に主人の携帯に既婚者女性とメールや電話のやりとりをしているのを見つけました。 主人が知り合いの自営業に車検に出した時に相手の夫が「○○に車検が完了したと連絡してくれ」と言った際にお...

養育費の申し立てするのに弁護士を立てた方が良いでしょうか?

養育費 2018年07月05日

妊娠中に胎児認知を相手側に言いましたが 産まれてからと言われ、5月に出産をしたので 話をするとDNA鑑定をするので自宅に来て 相手側が子供の唾液採取をして次の日に 自分が立てている弁護士の事務所に持っていくと 言われたので納得がいかず...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ