養育費の減額について

User image 1 lu_d6c88c0bさん 2018年07月10日 02時48分

元夫より養育費の減額調停されました。
元夫とは現在7歳の子どもがいます。
また元夫は再婚し現在3人の子ども(1歳、0歳、現在妊娠中)がいるためとの事です。
養育費は8万円いただいていましたが、どれくらい減額になるのでしょうか?

元夫は800万前後の収入。
私は250万ほどの収入です。私は再婚しておりません。

算定表によるおおよその数字は3万をやや下回りますね。
したがって、5万くらい減る可能性があります。
双方の収入や支出を細かく検討してもらい、可処分所得
を割り出して、すこしでも多くもらえるように努力した方が
いいでしょう。
一般的ではありませんが、新算定表で試算して交渉の
材料にしてもいいでしょう。
このあたりになると弁護士に相談した方がいいでしょう。

2018年07月10日 09時39分
補足質問
User image 1

lu_d6c88c0b - 2018年07月10日 14時35分

ご回答ありがとうございます。
弁護士さんを雇うほどお金がないのが現状です。

新算定表であれば大幅減額は避けれるのでしょうか?どの算定表を見ても子3人の表しか見当たらず、どういう算定表を見ればわからず困っております。
補足回答
Resized avatar mini magick20170626 19046 bzw2z0

内藤 政信 弁護士 - 2018年07月10日 17時27分

新算定表は家裁はまだ採用しないですね。
養育費の目安金額算定機というのがありますね。
検索して見たら。
これで終わります。

こんにちは。

養育費の減額は、支払い義務者に扶養家族ができた場合や、権利者が再婚し、再婚相手と子が養子縁組した場合に主に認められます。

減額にあたり考慮されるのは、あなたと元旦那様の収入だけでなく元旦那様の現在の妻の年収も含まれます。

また、複雑な計算式を用いての計算となりますので、現時点でいくら減額されると言うのは難しいと言わざるを得ません。

ですが、ケースによっては、計算の結果従来の半分以下になる場合もあります。

参考になさってください。

2018年07月10日 10時03分
補足質問
User image 1

lu_d6c88c0b - 2018年07月10日 14時32分

ご回答ありがとうございます。

元旦那とその妻合計の金額から算出されるという事でしょうか?調停でその旨を主張すると考慮されるのでしょうか?

半分以下になるとこちらとしても厳しくなるため何とか半分に留めたいところです。
補足回答
Resized avatar mini magick20180306 20922 tw4q9b

寺林 智栄 弁護士 - 2018年07月10日 14時39分

裁判所の方から、収入資料の提出を求められます。
あちらの奥様の収入についても、きちんと資料を提出してもらうようにしましょう。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

倒れて障害者になった夫に離婚して養育費を払うよう弁護士を立てた嫁にその弁護士はどう求めてくるのか?

養育費 2018年07月17日

高次脳機能障害でリハビリ施設に入所している息子のところに嫁が弁護士を連れてもう好きじゃ無いから離婚してくださいと言ったそうで今度その弁護士と息子と私の3人で顔合わせをすることになったのですが結婚生活2年半です。今年1月に倒れて障害者に...

離婚したいです。

養育費 2018年07月06日

結婚14年目で子供が6人います。 2014年7月25日に主人の携帯に既婚者女性とメールや電話のやりとりをしているのを見つけました。 主人が知り合いの自営業に車検に出した時に相手の夫が「○○に車検が完了したと連絡してくれ」と言った際にお...

離婚したいです。

養育費 2018年07月06日

結婚14年目で子供が6人います。 2014年7月25日に主人の携帯に既婚者女性とメールや電話のやりとりをしているのを見つけました。 主人が知り合いの自営業に車検に出した時に相手の夫が「○○に車検が完了したと連絡してくれ」と言った際にお...

養育費の申し立てするのに弁護士を立てた方が良いでしょうか?

養育費 2018年07月05日

妊娠中に胎児認知を相手側に言いましたが 産まれてからと言われ、5月に出産をしたので 話をするとDNA鑑定をするので自宅に来て 相手側が子供の唾液採取をして次の日に 自分が立てている弁護士の事務所に持っていくと 言われたので納得がいかず...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ